廃車費用を払うのは損!廃車を買取してもらう2つの方法

車の売却

車を廃車にするとき、ディーラーや買取店などに依頼すると、代行手数料がかかることもあります。

しかし、今は廃車にも価値があり、手数料を払うどころか買取してもらう方法もあるのは御存知でしょうか?

ただ知らないというだけで、無駄な費用を払うのはとても勿体ないことです。

ここでは、廃車を買取してもらう2つの方法を御紹介します。どちらもそれほど難しい方法ではないので、廃車にしたい車がある方は是非参考にして下さい。

スポンサーリンク
電話も査定もたった1回!コロナ禍でも人気の車買取比較サービス!

車を高く売るために何社も比較したいけど、できるだけ人との接触回数を減らしたい・・・そんなあなたにぴったりなのがユーカーパックです。
なぜなら、ユーカーパックは電話も査定も1回のみ。
8000社以上が加盟しているオークションに無料で出品できるので、査定後はオークションの結果を見守るだけです!
一括査定が面倒という方にもおすすめなので、まだ利用したことがない方は是非お試しください。

廃車の種類

廃車と言っても、一般的には2つの意味で使われており、どちらも自動車の抹消登録を行う必要がありますが、その種類と方法が異なります。

  • 一時抹消登録・・・一時的に使用しない場合の手続きで、再登録可能。
  • 永久抹消登録・・・永久に使用しない場合で、手続きには自動車の解体が必要。

2つの大きな違いは、車を解体するかどうかということですが、廃車時に還付される税金の種類も変わってきます。

永久抹消登録では、重量税の還付も受けられますが、一時抹消では重量税は還付されません。

また、自動車税はどちらの抹消登録でも月割りで還付されますが、軽自動車の場合は還付されません。

その他には、抹消登録をすれば自賠責保険の解約ができるため、残りの期間に応じて返金してもらうことも可能です。

これらの税金や自賠責保険は、車の売却時にも実質的な還付を受けられます。詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

 

永久抹消するケースは殆どない

一般的に、廃車というと永久抹消登録、つまり車の解体をイメージしている方が多いのではないでしょうか?

しかし、永久抹消するケースというのは、事故や故障によって修理費が車の価値を上回る場合などに限られます。

車を手放す時に最も多い下取りや買取の場合であれば、名義変更か一時抹消が殆どです。下取りや買取査定を受けたとき、年式の古い車や走行距離が多い車は査定額が0円となることも多いでしょう。

値段がつかない=廃車と誤解している方もいるかもしれませんが、単純に買取価格がつけられないだけで、車自体に価値がないというわけではありません。

実際、業者用のオークションでは、査定で0円となったような車が数えきれないほど出品、落札されています。

また、仮に誰も欲しがらない車であっても、中古車としての価値が無いというだけで、車自体にはまだ価値があるとも言っておきましょう。

つまり、下取りや買取価格が0円の車はもちろん、事故車、放置車、不動車などの廃車にするしかない車であっても、価値をしっかり評価してくれるところであれば、買取してくれる可能性があるということです。

スポンサーリンク

廃車でも買取できる理由

下取りや買取価格が0円の車は、業者を変更するだけで価格が変わることも少なくありません。

例えば、低年式や走行距離が多い車を専門的に買取している業者や、海外への輸出を得意とする買取業者などに査定を依頼してみるのが良いでしょう。

もし、1社しか見積りを依頼していないなら、より多くの業者の見積りを取ることが大切です。一括査定なら一度に複数の業者に見積り依頼ができるのでおすすめです。

車の買取査定をまとめて比較!おすすめ一括査定ランキング!

では、どの買取業者も値段がつけられない車や廃車にするしかないような車でも買取できるのはなぜでしょうか?

廃車でも買取できる理由は、大きく分けて以下のような3つがあります。

  • 還付される税金や保険料がある
  • パーツとしての価値がある
  • 資源としての価値がある

還付される税金や保険料がある

1つ目の理由は、廃車時には還付される税金や自賠責保険があるということです。

自動車税や重量税、自賠責保険など、金額は車を手放すタイミングや車検の残り期間次第ではありますが、返ってくるお金が少なからずある場合も多いでしょう。

下取りや買取でも査定に含まれることが多いですが、それぞれの金額を明確にしてくれる業者は意外と少なく、曖昧になりがちな部分です。

車を売却、もしくは廃車にするなら、これらの金額を明確にしてから売却しましょう。

 

車として価値は無くてもパーツとしての価値がある

中古車としての価値はなかったとしても、車には数えきれないほど多くの部品が使われています。

リサイクル市場の発展により、今では中古パーツも売買が活発に行われており、部品としての価値が車にはあります。

一般の方にも身近な中古パーツとしては、タイヤやホイール、バッテリーやオーディオくらいかもしれませんが、車の業界ではエンジンやミッションなどの中古パーツも良く取引されています。

エンジンやミッションなどは一度分解して清掃し、消耗品を交換した『リビルト部品』も人気がありますね。さらに、外装の修理にはドアやボンネット、ミラーなどの部品なども良く使われます。

ディーラーや買取店では、車としての価値しか見ていないので、買取価格も0円という結果になってしまいます。

しかし、部品としての価値をみてくれる業者であれば、下取りや買取価格が0円の車であってもそれ以上の価格で買取が出来るのです。

 

どんな車にも資源としての価値がある

車によっては、使えるパーツが殆どなく、還付される税金なども無いことはあるでしょう。

しかし、どんな車でも資源としての価値があるため、絶対に0円になることはありません。なぜなら、車には鉄やアルミが多く使われているため、資源としての価値がまだ残っているからです。

車が最終的に行き着く解体業者では、これらのパーツや資源としての価値を評価して買取をしてくれるところも多くなっています。

車の解体には当然費用もかかりますが、今はリサイクル費用を車の購入時に支払済みということもあり、解体費用を差し引いてもプラスになるほどの価値があるため、買取が可能なのです。

スポンサーリンク

廃車でも買取してもらう2つの方法

廃車にするしかないような車を買取してもらう方法は、大きく分けて2つあります。

  • 解体業者に直接車を持ち込む
  • 廃車買取専門業者に依頼する

この2つの方法であれば、廃車に費用がかかることは殆どなく、逆にいくらかで車を買取してくれるはずです。

ただ、直接解体業者に車を持ち込むためには、基本的に車が自走できる場合に限られます。

また、解体業者が近くにない場合や、あったとしても小規模の業者が多いため、ホームページなどもない場合が多いかもしれません。

直接行くか問い合わせをするまで買取できるか不明な場合も多く、業者を探す手間もかかることを考えればやや面倒な方法です。

一方、廃車買取専門店であれば、基本的に自宅まで車を引き取りにきてくれるので、車を動かせない場合でも問題ありません。

ネットからも簡単に無料見積りの申込みができるため、わざわざ業者を探して問い合わせする必要もなく、誰でも便利に利用できるでしょう。

廃車買取専門業者は複数ありますが、選び方にはいくつかポイントがあります。

スポンサーリンク

廃車買取専門業者の選び方

廃車買取専門業者を選ぶ時には、以下の4つのポイントを押さえておきましょう。

  • 自社工場を持っているか
  • レッカー代、廃車の手続きは無料か
  • 全国対応可能か
  • 海外への輸出もできるか

なぜこの4つが重要なのかについて、詳しく説明していきますね。

 

自社工場なら中間コストがかからない

自社工場を持っている廃車買取専門業者はかなり少なく、実は廃車買取専門業者の殆どが各地の解体業者へ依頼するための仲介業者です。

この場合、当然余計な中間マージンが発生するので、買取価格にも影響があるのは明らかです。

自社工場を持った廃車買取専門業者なら、余計な中間コストがかかることなく廃車でも高価買取が可能です。

また、併せてリサイクルシステム登録業者で国からの認可を受けた適切な解体業者であるかどうかも念のため確認をしておきましょう。

 

レッカー代、廃車の手続きは無料か

廃車買取専門業者の場合、殆どの業者はレッカー代や廃車手続きの代行を行っています。

また、これらの費用は無料というところが多いですが、念のため確認をしておきましょう。

基本無料であっても、山間部や離島、レッカー車が入れない狭い場所で自走が出来ない場合などは料金が発生する場合もあります。

買取価格にも影響する重要なことなので、引き取り前の確認時には正確に伝えることも大切です。

 

全国で廃車買取が対応可能か

廃車買取専門業者は広い地域に対応しているところが多いですが、提携業者の都合などにより一部対応していない可能性もあります。

申込み前にホームページでも確認できるので、余計な手間をかけないためにも、住んでいる
地域が対応しているかどうかを事前に確認したほうが良いです。

対応していない場合、他社なら可能という場合もあるので、別の廃車買取専門業者に依頼することも検討しましょう。

 

海外への輸出もできるか

国内だけでなく、海外へのルートを持つ廃車買取専門業者であれば、車種によってはより高く買取ができる可能性があります。

廃車買取業者は、解体することが前提となっている業者もあり、海外へのルートと言ってもパーツとしてのルートだけの場合もあります。

できれば、中古車とパーツ両方の海外ルートを持っている廃車買取業者を選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク

おすすめの廃車買取専門業者は『廃車本舗』

 

数ある廃車買取専門業者の中でも、廃車本舗は上記のポイントを全て満たしている数少ない業者です。

自社のリサイクル工場を持ち、30ヵ国以上の豊富な海外ルートも持っているので、廃車や買取査定などで0円となった中古車でも満足できる買取価格になるはずです。

もちろん全国対応可能でレッカー代も無料、廃車の手続きや税金などの還付手続きまで、全て無料で代行してくれます。

初めてで良く分からないという方でも、しっかりと分からないことは説明してくれますし、最後までサポートしてくれるので、安心して依頼できるでしょう。

見積り依頼はネットで簡単にでき、早ければ当日、遅くても翌営業日には買取金額がわかります。廃車のことでお困りの方は、是非一度見積りを依頼してみて下さい。

>>>廃車本舗への見積り依頼はこちら

 

スポンサーリンク

まとめ

廃車は手数料を払うのが当たり前と思っている方もまだまだ多いですが、今ではお金を貰って廃車にする時代です。

下取りや買取査定で0円となった車や、廃車にするしかない車であっても実はまだ価値があり、その価値を正しく評価してくれる業者に依頼すれば買取は可能です。

ただ知らないというだけで損をしてしまうので、騙されたと思って一度廃車買取専門店に見積りを依頼してみてください。きっと満足のいく買取額であなたの車を買取してくれるでしょう。

また、廃車本舗に依頼する場合、必要な書類は郵送で送られてきますが、普通車の場合は印鑑証明だけは自分で用意する必要があります。

引っ越しなどで車検証の住所変更をしていない場合、必要な書類を用意するのに時間がかかる場合もあります。

基本的には売却時の書類と同じですが、分からない方や不安な方は下記の記事でも解説しているので参考にして下さい。

タイトルとURLをコピーしました