1. TOP
  2. 車の売却
  3. どんな車でも2~3万円程度で買取可能?0円査定を受けたら試すこと

どんな車でも2~3万円程度で買取可能?0円査定を受けたら試すこと

 2019/08/28 車の売却
  63 Views

車の買取査定を受けたら0円と言われて
しまった!という方は意外と多いかもしれません。

しかし、それは再販価値が無いというだけで、
車の価値が無いというわけではありません。

買取先を変更すれば、どんな車でも0円と
なることは無く、軽自動車で1万円前後、
普通車クラスなら2~3万円程度で買取してくれるはずです。

この金額はあくまで最低限の買取価格で、
場合によっては5万円以上の買取となることもあります。

難しいことは何もないので、そのまま0円で
買取に出すのはもったいないです。

ここでは、買取査定で0円と言われたときに
試したい方法をいくつか御紹介します。

Sponsored Link

どんな車でも絶対に価値は0円にならない!

車の買取査定を受けたとき、年式の古い車や
走行距離が10万kmを超えている車などは、
査定が0円と言われるケースは少なくありません。

査定が0円となる場合、『通常であれば廃車
費用がかかるところを無料で引き取ります』
と言われて得をした気分になっていませんか?

買取業者が無料で引き取る理由は、親切心
などでは決してありません。

無料で引き取ることができれば、しっかりと
利益を生み出すことができるからです。

誤解がないように言っておきますが、買取業者
はあなたを騙しているわけではありません。

買取業者は商売なので、一定の利益を確保
した上で買取額を決定します。

つまり、買取査定で0円となるのは、本来ある
車の価値から買取業者の利益分を差し引くと、
値段がつけられないということなのです。

逆を言えば、どんな車でも一定の価値はあり、
絶対に価値が0円になることはありません。

車種にもよりますが、買取先を変更するだけで
最低1~3万円程度の買取が可能です。

 

どんな車でも2~3万円程度で買取できる理由

どんな車でも2~3万円程度で買取できる
という理由には、以下の3つがあります。

  • 廃車時に還付される税金・保険料がある
  • どんな車にも資源や部品としての価値がある
  • 輸出すれば高く売れる可能性がある

これら3つの理由について、詳しく解説して
いきたいと思います。

 

廃車時に還付される税金・保険料がある

車というのは、抹消登録をせずに所有して
いると、自動車税が毎年かかります。

さらに、公道を走るためには車検を受ける
必要があるため、重量税や自賠責保険は
車を乗るなら必ず支払っているはずです。

この自動車税、重量税、自賠責保険という
3つの費用は、廃車時に月割りで還付されます。
(軽自動車税は還付されません)

例えば、その年の自動車税を既に納付済みで、
車検が6ヶ月程度残っている普通車を廃車に
する場合なら、少なくとも3万円程度の還付金
があるはずです。

戻ってくる金額は車種や廃車にする時期に
よって変わりますが、これだけでも結構な金額
になることがわかるでしょう。

 

どんな車にも資源や部品としての価値がある

還付される税金や保険料は、車検が切れて
いる車の場合、殆どないかもしれません。

また、軽自動車の場合は、自動車税の還付が
ないことや、元々の税金が安いため、車検が
残っていても戻ってくる金額は少ないです。

しかし、それでも車には鉄やアルミといった
素材が多く使われているため、資源としての
価値があります。

さらに、車には数万点といった部品が使用
されていて、リサイクル部品として利用できる
ものも多くあります。

こういったリサイクル可能な資源や部品を
評価してくれるのが、最終的に車の処分を
する解体業者です。

車の解体には費用がかかりますが、今は
リサイクル料金を前払いしていることもあり、
解体費用を差し引いてもプラスになります。

軽自動車で1万円程度、普通車なら2~3万円
程度で買取してくれる解体業者は普通にあるでしょう。

買取業者に0円といわれた場合でも、解体業者
に持ち込めば買取は可能ということです。

 

輸出すれば高く売れる可能性がある

年式が10年、走行距離が10万kmを超えると、
国内での再販価値は殆どなくなってしまう
場合も多いですが、海外は少し違います。

日本車は丈夫で性能が良いため、単純に
年式が古い、走行距離が多いというだけで
価値がなくなるということはありません。

人気の車種になれば、20万kmを超える車でも
まだまだ価値があるという場合も多くあります。

そのため、買取査定で0円となった車でも、
海外への販路を持った輸出業者などでは、
高く買取してくれることも十分にあるのです。

 

0円査定を受けたら試したいこと

車には査定が0円になっても価値がある
ということはお分かりいただけたでしょうか?

では、実際に査定で0円となってしまった時、
試しておきたい方法を御紹介します。

具体的には、以下の2つの方法が効果的です。

  • 解体業者に買取を依頼する
  • 廃車買取専門店に依頼する

この2つの方法は、どの買取店に依頼しても
査定が0円になってしまうといった場合におすすめです。

もし、買取店の査定を1社しか受けていない
という場合、まずは一括査定を利用して、
複数の買取店から見積りを取りましょう。

1社の査定だけでは安い買取額を提示されて
いる可能性が高く、一括査定を利用して比較
するだけでも買取額が大きく上がる可能性は高いです。

おすすめの一括査定はこちらを参考にして下さい。

 

解体業者に買取を依頼する場合

複数の車買取店で査定を受け、それでも
査定額が0円になってしまったら、近くに
ある解体業者に買取を依頼してみましょう。

解体業者は車種によって買取額を一律で
設定している場合も多いため、直接車を
持ち込む前に一度問い合わせしてみると
良いかもしれません。

解体業者に直接依頼すれば、少なくとも
いくらかでは買取してくれるはずです。

ただし、解体業者によっては、レッカー代や
廃車手続きの費用が別途かかる場合があります。

車検が残っていて自走可能な場合や、
廃車手続きを自分で行う場合は良いですが、
全て任せるといった場合は、これらの費用を
ふまえて依頼するかどうか決めましょう。

 

廃車買取専門店に依頼する

近くにある解体業者が分からない場合や、
できるだけ手間をかけたくないという場合は、
廃車買取専門店に依頼するのがおすすめです。

廃車買取専門店であれば、0円以上の買取を
保証しているところもあり、レッカー代や廃車の
手続きも無料で行ってくれます。

もちろんどんな車でも買取が可能で、
不動車や事故車でも問題ありません。

申込みも簡単で、ホームページから車種や
連絡先などを入力するだけでOKです。

 

廃車買取専門店なら廃車本舗がおすすめ

廃車買取専門店といっても様々で、
以下の条件を満たすところがおすすめです。

  • 自社で解体までできる業者
  • 海外への販路を持っている業者

廃車買取専門店といっても、全国の解体業者へ
依頼するだけの仲介業者が多く存在します。

余計な中間マージンがかかると、買取額が
低くなってしまう可能性が高いので、自社で
車の解体までできる業者を選びましょう。

上記2つの条件を満たしたおすすめの業者は、
『廃車本舗』です。

全国対応可能なので、査定が0円となって
しまった場合は是非お試しください。

 

廃車買取専門店の比較は簡単でおすすめ!

廃車本舗がおすすめとは言いましたが、
どの業者も独自の海外販路を持っています

車種によって需要の高い国が違うので、
あなたの車を高く売ることができる輸出先に
ルートを持っている業者を探すことができれば
買取額も高くなるでしょう。

廃車買取専門店の場合、通常の買取店とは
違って、訪問での査定が不要のところも多く、
比較自体は簡単です。

ネットから申込みするだけで簡単に買取額が
すぐにわかるので、余裕があればいくつかの
業者から見積りを取ることをおすすめします。

どんな車でも買取可能な廃車買取専門店は、

などがあり、上記の3社はすぐに査定額が
分かりますし、0円以上の買取が保証されています。

まずは廃車本舗に見積りを依頼し、金額に
納得がいかなければいくつかの見積りを
とって比較してみましょう。

 

まとめ

年式が古い車や、走行距離の多い車は、
通常の買取店では0円査定となってしまう
場合も多いですが、解体業者に依頼したり、
廃車買取専門店に依頼すれば2~3万円
程度で買取してくれる可能性は高いです。

海外で需要のある車種などは、思わぬ高額
査定となる場合もあるので、是非一度査定を
依頼してみて下さい。

また、廃車専門店だけでなく、事故車を専門に
買取している業者もあります。

事故車の場合は、修理するかどうか迷う場合も
あると思いますが、判断基準などをまとめた
下記の記事も参考にして下さい。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

エンドラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エンドラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yasu

yasu

自動車整備士として車業界に15年以上携わり、修理の知識はもちろん車の売買からコーティングのことまで幅広い知識を生かして記事を執筆中。国家資格の整備士免許だけでなく、中古車査定士などの資格も取得しています。

    関連記事

    • 登録済未使用車(新古車)の意味とメリット・デメリット!

    • 事故車の買取はタウがおすすめ!修理か売却の判断基準も解説

    • 車を高く売れる買取店がみつかる!一括査定おすすめランキング!

    • 車の買取に必要な書類|紛失した場合に再発行する方法

    • オークション型の車買取とは?ユーカーパックとカープライスを比較!

    • 軽自動車は走行距離が重要!?購入、売却時の目安とは?