車を売却するときの注意点まとめ|初心者にも分かりやすく売る時の流れや必要書類などを解説

車の売却

車に詳しくない方や、売却が初めての場合、何をどうすれば高く売れるのか分からず、何から始めていいのかも分からない状態だと思います。

ここでは、そういった車の売却に不安を抱える方達のために、車を売却するときの注意点や流れなどをまとめました。

車の売却にかかる期間や手続きに必要な書類、トラブルの対処法など、分からないことは全て解決できるはずです。

また、併せて車を高く売るために必要なことも御紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
電話も査定もたった1回!コロナ禍でも人気の車買取比較サービス!

車を高く売るために何社も比較したいけど、できるだけ人との接触回数を減らしたい・・・そんなあなたにぴったりなのがユーカーパックです。
なぜなら、ユーカーパックは電話も査定も1回のみ。
8000社以上が加盟しているオークションに無料で出品できるので、査定後はオークションの結果を見守るだけです!
一括査定が面倒という方にもおすすめなので、まだ利用したことがない方は是非お試しください。

車を売却するときの流れ

車売却の流れ

まずは、車を売却する時の流れを理解し、それに付随する細かい注意点などを知っておきましょう。

車を売却するときの流れは、

  • 車の売り方を決める
  • 車の買取相場を調べる
  • 売却候補の買取店を探す
  • 売却に必要な書類を準備する
  • 買取査定の申込み
  • 買取査定を受ける
  • 契約と車の引き渡し
  • 買取額の入金確認

といった8つのSTEPに分かれます。

 

車の売却にかかるまでの期間

車の売却にかかる期間ですが、売却先の買取店が決まり、書類や車を引き渡してから概ね1週間以内には入金されます。

買い替えの場合は納車のスケジュールと併せてスムーズにいくように調整が必要ですが、売却先の買取店に相談すれば問題ありません。

買取店によっては代車も用意してくれるので安心して売却の手続きを進めましょう。それでは、車売却の流れに沿って具体的な解説をしていきます。

 

STEP①車の売り方を決める

売り方の選択

車を売る方法は、大きく分けて下取りと買取の2つの方法があります。下取りと言えばディーラーというイメージが強いですが、厳密に言うと少し違います。

2つの違いは簡単に言えば以下の通りです。

  • 下取りとは・・・
    次の車を購入するところに売却すること
  • 買取とは・・・
    車の売却のみをおこなうこと

どちらが良いかは一概に言えず、それぞれにメリット、デメリットがありますが、車を少しでも高く売りたいなら買取がおすすめです。詳しくは下記の記事を参考にして下さい。

また、ここから先は買取を利用する場合を想定して流れを解説していきます。

 

STEP②車の買取相場を調べる

車の買取相場を調べる女性

車の売却先を探す前に、まずは自分の車がいくらくらいで売れるかを知ることが重要です。

なぜなら、相場が分からないと査定を受けても高いのか安いのかの判断ができず、結果的に安く買い叩かれてしまうことも多いからです。

今はネットでも簡単に買取相場が調べられる相場検索機能もあるので、簡単に調べておきましょう。詳しくは下記の記事でも解説しています。

相場の把握は正確なほど良いですが、中古車の性質上、1台1台車の状態は違います。

結局は実車を見せて査定を受けた後、交渉や他社と比較することで価格を上げていく必要があるので、大体の相場が分かれば問題ありません。

最低限安すぎる査定を判断できるようにしておきましょう。

 

STEP③売却に必要な書類を準備する

車の売却に必要な書類

相場が分かったら、売却に必要な書類を準備しましょう。

書類の準備は売却先が決まってからでも良いですが、直前になって書類を準備すると売却完了までに時間がかかってしまうので、スムーズに売却するためにも早めの準備がおすすめです。

事前に書類を用意しておくと、査定を受けるときに本気度が伝わり、買取額も上がりやすくなるというメリットもあります。

車の売却に必要な書類は、

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券
  • 印鑑登録証明書2通(軽自動車は不要)
  • 自動車税納税証明書
  • 実印(軽自動車は認印でOK)

の6つです。

印鑑登録証明書以外は、基本的に車で保管されていると思いますが、念のため揃っているか確認しておきましょう。

注意点としては、印鑑登録証明書は発行されてから1ヶ月以内のものでなければならないので、準備が早すぎると使えなくなってしまうことです。

また、車検証の所有者や使用者の名義、住所が違う場合、必要な書類が増える場合があります。車検証の情報と現在の情報が異なる場合は、こちらも参考にして下さい。

 

STEP④売却候補の買取店を探す

買取店を探す女性

相場や書類の確認ができたら、買取査定を受けるために売却候補の買取店を探しましょう。

1社だけでは比較ができないので、高く売るためには少なくとも3社以上の買取店に依頼することをおすすめします。

近くの買取店を自分で探しても良いですが、一括査定を使うと簡単に近くの買取店に査定を依頼することができます。

【関連記事】

また、売却候補を探すときの注意点としては、トラブルを避けるために口コミや評判なども参考に選ぶと良いです。

大手の買取店なら比較的安心して利用できるはずですが、担当者や店舗の評判があまりにも悪いところは避けた方が良いでしょう。

どこに査定を依頼したら良いか分からないという方は、下記の記事も参考にして下さい。

 

STEP⑤買取査定の申込み

買取査定を申し込む女性

売却候補が決まったら、買取査定を申し込んでみましょう。買取査定は持込査定と出張査定の2種類ありますが、複数の店舗を回るのは手間がので、比較するなら出張査定がおすすめです。

また、出張査定のほうが心理的に交渉が有利になりやすく、買取額も上がりやすい傾向にあります。

査定の申込みは各社のホームページや、直接店舗に連絡して申し込むこともできます。持込査定と出張査定の違いについては、下記でも詳しく解説しているので参考にして下さい。

 

STEP⑥買取査定を受ける

車の買取査定

査定を依頼した買取店、もしくは自宅にて買取査定をうけます。必要なものは車と車検証くらいで、買取店にもよりますが、時間は30分~1時間程度で終わるはずです。

注意点としては、事故や修復歴、故障などは隠さずにしっかり申告こと。隠してもバレますし、故意に隠すと後でトラブルになることがあるので、いいことは1つもありません。

また、買取店や担当者によっては、査定額をハッキリ言わないことも良くあります。

これは他社に金額を伝えられて買取されてしまうのを防ぐためですが、せっかく時間をとったのに不愉快だと感じることもあるでしょう。

その場合は相手にしないか、一旦帰して後で交渉することをおすすめします。

 

STEP⑦契約・車と書類の引き渡し

契約成立

買取査定を受け、売却先が決まったら契約書にサインして車と書類を引き渡します。注意点としては、契約書の内容を良く確認してからサインすること。

後々のトラブルを防ぐためにも、少しでも疑問に感じることがあれば、その場で確認しておくことも大切です。車の売却は、査定時のやり取りで言った言わないのトラブルになることがあります。

そのようなトラブルになった場合、多くは契約書に記載されていることが優先され、売却するほうが不利になることも多いので注意して下さい。

また、車を引き渡す前には、ナビなど入っている個人情報を消しておきましょう。買取店側でも確認はすると思いますが、引渡し前に自分で消した方が安心です。

 

STEP⑧買取金額の入金確認

入金確認

買取金額をその場で支払う業者も中にはありますが、指定した口座に後日振込で入金される場合が殆どです。

車の査定を受けてから売却が完了し、入金があるまでの期間は、業者によって多少変わります。

契約が完了し、車の引き渡しと書類が揃って初めて売却完了となるので、そこから1週間以内に買取額が入金されるというケースが殆どです。

大手の買取店であっても、フランチャイズの場合も多いため、店舗によって入金までの期間が違う場合もあります。入金されるまでの期間は、契約前に確認をしておいたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

車を売却するときの注意点

車売却の注意点

車を始めて売却するときには、色々と不安もあると思いますが、注意点さえ知っていれば、車を極端に安く買取されてしまったり、トラブルに巻き込まれる心配もありません。

これまで売却の流れの中で注意点をいくつか御紹介してきましたが、ここで特に重要な注意点を一度まとめておきましょう。

エクスクラメーションマーク車を売却する時の注意点
  • 事前に相場を調べておくこと
  • 査定は複数の買取店を比較すること
  • 修復歴や故障は隠さずに伝えること
  • 契約書は良く読んでからサインすること
  • 入金日を確認しておくこと

この中で車を高く売るために必要なのが相場を調べること複数の買取店を比較することです。

車の買取店は少しでも安く買取したいと考えているので、最初から限界の価格を提示することはほぼありません。

複数の買取店から見積りをとり、比較しながら交渉することが必須だということは知っておきましょう。買取の仕組みや交渉のコツなどについてはこちらで詳しく解説しているので参考にして下さい。

また、これ以外にもいくつか注意点があるので、簡単に解説していきます。

 

買取査定を受ける時は即決しない

買取店の査定を初めて受ける方も多いと思いますが、買取店はその場での即決を促してくることが非常に多いです。

その理由は、他店と比較されることを防ぎたいからであり、できるだけ安く買取したいからに他なりません。

『今この場で決めていただければ・・・』
『ちょうどこの車を欲しがっている人がいる』
などといった特別感を演出してくる場合も多いですが、まず嘘だと思って大丈夫です。

仮に本当だとしても、他の買取店の査定を受ければわかることでしょう。意外とあっさり高値を更新することも多いはずです。

車の買取相場が数時間で変わることなどまずありえないので、騙されないように注意して下さい。

 

契約後のキャンセルはできるだけ避ける

買取査定を受け、金額に納得したら契約、車や書類の引き渡しへと進みます。

車や書類の引き渡しが完了すれば車の売却が完了したことになりますが、その後でキャンセルすることは非常に難しくなります。

契約した時点で基本的にキャンセルができないところもあるので注意して下さい。無償でキャンセルできる期間は買取店によって違うので、契約時に良く確認しておくことも大切です。

契約後のキャンセルはトラブルになることも多いので、勢いで即決するようなことは避け、契約は慎重に行いましょう。

 

個人売買やオークションは利用しない

車を売却する方法としては、オークションを利用した個人売買も可能と言えば可能です。

しかし、車はお金のやり取りだけで売買できるものではなく、登録や手続きが必要になります。この登録手続きはやや複雑なので、個人売買の場合はトラブルも多いです。

また、登録手続き以外にも、陸送の手配や料金など、手間や費用が多くかかります。安心して車を売却したいのであれば、個人間の売買はさけ、適切な業者に依頼しましょう。

スポンサーリンク

車の売却時によくあるトラブルと対処法

車売却のトラブルと対処法

車の売却時によくあるトラブルとしては、『査定後に減額された』といったケースや、『修理費を請求された』などの金銭的なトラブルが多いです。

このようなトラブルは、後で修復歴が発覚した場合や、重大な故障などが見つかった場合などに起こります。

しかし、中古で車を購入した場合など、自分自身も知らない修復歴などがあるといった場合もあるでしょう。

意図的に修復歴や故障を隠したわけでは無いのであれば、減額や修理費の請求に応じる必要はありません。

明らかに査定時の見落としであり、それを認めてしまえば何のために査定を受けたのかも分からなくなります。

ただし、契約書にはこのような場合に減額することがあると記載されていることもあります。

契約時は良く確認することはもちろんですが、契約時に買取店側のミスで減額されることはないか、念を押して聞いておくのも効果的です。

相手もプロなので、そこまで言われたら後で減額もしづらくなるでしょう。

それでも減額された場合は、国民生活センターや弁護士など、然るべきところに相談してみるというのも1つの対策です。

【関連記事】

スポンサーリンク

車を高く売るために必要なこと

車を高く売るためのポイント

ここまでで車を売る時の注意点や流れについてはある程度分かっていただけたと思います。

最後に、少しでも車を高く売るために必要なことをいくつか御紹介します。

 

査定を受ける前は車を綺麗にしておく

査定を受ける前には車を洗車して綺麗にしておきましょう。室内も掃除機がけくらいはしておいた方が良いです。

そこまで大きく査定に影響するわけではありませんが、綺麗な車ほど大切に乗っていたという印象を与えることができます。

また、傷や凹みがある場合、修理したほうが良いのかと思うかも知れませんが、修理費のほうが高くつく場合が多いのでやめておきましょう。

軽い擦り傷程度なら、市販のコンパウンドを使用すれば簡単に傷は消えるので、無理の無い範囲で試してみるのも良いかもしれません。

ただし、やり過ぎて下地が出るという場合もあるので、コンパウンドの使い方を良く理解してから行ってください。

 

純正パーツが残っていれば用意しておく

車のカスタムは好みが分かれてしまうので、基本的に売りづらくなり、査定もマイナスになってしまうことが多いです。

もし、車をカスタムして純正品が残っているという場合、査定時に純正品も一緒に用意しておきましょう。できれば戻しておく方が良いですが、費用をかけてまで戻す必要はありません。

純正品が残っているというだけで査定がプラスとなることも多いです。車のパーツはそのまま持っていても処分料がかかるだけなので、売却時に引き取ってもらえば一石二鳥になるでしょう。

 

車一括査定を利用する

複数の買取店を比較するなら、一括査定を利用したほうが手間もかからず、車を高く売ることができるはずです。

一括査定では、車種や車の状態に合わせて近くにある高く売れる買取店を厳選してくれます。

買取店によっては、店舗での査定を行わず、出張査定のみ行っているところもあるので、自分で探すより多くの買取店が見つかるかもしれません。

また、一括査定から申し込むことによって、買取店にも複数社を比較することが伝わります。

つまり、競合がいると最初から分かっている状態で査定が始まるので、買取額も高くなりやすい状況です。

一括査定といえば、悪いイメージを持つ方も多いですが、今の一括査定は申込時に査定を依頼する買取店を選択できたり、買取相場が事前に分かるところもあります。

自分にあった一括査定サービスを選べは、車を高く売るための強い味方になってくれるはずです。

おすすめの一括査定サービスを下記の記事にまとめてありますので、これから車を売るという方はチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

まとめ

車を初めて売却する場合、不安に思うことも多いかもしれませんが、注意点さえ守れば誰でも簡単に高く売ることができます。

少なくともディーラーの下取りよりは高く売れることはほぼ間違いないので、今までディーラーの下取りを利用していたという方も是非この機会に買取店への売却を検討してみて下さい。

買取も下取りも基本的な流れは変わらないので多少の手間がかかっても、車を高く売れるというメリットを考えれば、十分挑戦する価値はあるはずです。

また、一括査定に抵抗があるという場合は、比較的新しいサービスであるオークション型の車買取店もおすすめです。

査定も1回だけ、難しい駆け引きや交渉も必要ないので、誰でも簡単に車を高く売ることができる画期的なサービスといえます。詳しく知りたい方は下記の記事も参考にして下さい。

タイトルとURLをコピーしました