車はローンの途中でも売却できる!残債が払えない場合は組み直しも可能か?

車をローンの途中で売却する車の売却

車を売却したいけどローンの途中だからできないと思っている方は多いですが、車はローンの途中でも売却可能です。

ただし、車の所有権が誰にあるかによって方法や必要な書類が変わってくるので注意しましょう。

また、車の売却額を残債の返済に充てる場合、残債より高く売れなければ残りの分を何らかの方法で補填する必要もでてきます。

ですから、今乗っている車をいかに高く売却できるかがローン中の車を売る時は重要です。

ここでは、ローンの途中で車を売却する方法や残債の返済方法、車を高く売るための方法などについて解説していきます。

スポンサーリンク
電話も査定もたった1回!コロナ禍でも人気の車買取比較サービス!

車を高く売るために何社も比較したいけど、できるだけ人との接触回数を減らしたい・・・そんなあなたにぴったりなのがユーカーパックです。
なぜなら、ユーカーパックは電話も査定も1回のみ。
8000社以上が加盟しているオークションに無料で出品できるので、査定後はオークションの結果を見守るだけです!
一括査定が面倒という方にもおすすめなので、まだ利用したことがない方は是非お試しください。

車をローンの途中で売却する方法

車をローンの途中で売却する方法

車はローンの途中でも売却は可能ですが、所有者にしか売却の権限はないため、車の所有権が誰にあるかを確認する必要があります。

 

所有者が自分または家族や親族の場合

車検証を確認し、所有者が自分なら自由に売却ができますし、家族や親族の場合も同意を得ることができれば難しくはないでしょう。

ただし、当然ながら車を売却してもローンはそのまま残るので、残債の返済については良く考える必要があります。

また、銀行のマイカーローンは所有者が自分になっていることも多いですが、ローンの途中で売却すると契約違反になることもあるので注意してください。

 

所有者がローン会社や販売店の場合

一方、車の所有者がローン会社やディーラーなどの販売店になっている場合は自由に売却ができません。所有者に断りもなく勝手に車を売却した場合、罪に問われることになるので注意して下さい。

所有者がローン会社や販売店などの場合は、事前に所有権を解除して車を売却する、もしくは売却先で所有権の解除を代行してもらう必要があります。

つまり、いずれにしても一度所有権を解除し、自分に名義変更してから売却する必要があるということです。

スポンサーリンク

ローンの途中で所有権を解除するには?

所有権の解除方法

ローンの途中で車の所有権を解除するには、ローンを完済しなければなりません。返済は車を売却した金額も含めることができます。

そのため、まずは今現在ローンがいくら残っているか確認しておきましょう。ローン会社から送られてくるハガキを見れば、支払回数に応じた残債が分かります。

紛失してしまった場合は、直接問い合わせることでも確認は可能です。

 

残債の一括返済や手続きは業者が代行してくれる

残債の返済には車の売却額を充てることができるので、残債を相殺する形で売却先が一括返済を代行してくれることが殆どです。

また、所有権解除の手続き(名義変更)も売却先が代行してくれるので、残債より高く売れる場合はスムーズに売却できるでしょう。

しかし、売却額が残債を下回った場合は、下記のような方法で差額を補填する必要があります。

  • 車の売却額を差し引いた分を現金で補填する
  • 残債を返済するためにローンを組み直す
  • 次の車のローンに上乗せしてもらう

残債を現金で補填する

車の売却額がローンの残債を下回っても差額を現金で補填できれば車は売却できます。

例えば、ローンの残りが100万円ある場合、90万円の買取額なら10万円を支払えば車を売却することができるということです。

最も簡単で手間のかからない方法ですが、差額が大きくなると難しい場合も多いです。

 

残債を返済するためにローンを組み直す

現金で残債を返済できなくても、新たにローンを組み直すことで車の売却ができます。

例えば、ローンの残債が100万円あるのに車が50万円でしか売れない場合、残りの50万円を支払うためにローンを組むということです。

次の車を購入する予定が無い場合や、買取店にて車だけを売却する場合などにこの方法が良く利用されます。

殆どの中古車買取店で対応していますが、オートローンやショッピングローンを利用することになるので、金利はやや高くなります。

銀行のマイカーローンを利用すれば金利を低く抑えられますが、売却時の補填には利用できない場合もあるので確認が必要です。

 

次の車のローンに上乗せしてもらう

ディーラーや多くの中古車店では、売却時に不足分がある場合、次に購入する車のローンへ上乗せする形で乗り換えができます。

この方法は車を売却した店舗で車を購入する、つまり下取りの場合しか使えませんが、手間なくスムーズに乗り換えができるので、車の買い替えにはおすすめです。

ただし、下取りは他店との比較がしづらく、買取の場合より安くなりがちなので注意しましょう。

事前に買取店などで査定を受け、その金額を元に交渉すると良いかもしれません。

また、ローンの総額が高くなるので、場合によってはローンが通らないという場合もあるので注意して下さい。

スポンサーリンク

車をローンの途中で売却するときに必要な書類

車の売却に必要な書類のチェック

車をローンの途中で売却する場合、基本的に手続きは業者が代行してくれるので、必要な書類についても業者から案内があると思います。

ただ、役所に取りに行く書類もあるので、事前に準備しておくと車の売却がスムーズに進むでしょう。

電球所有者が自分の場合の必要書類
  • 自動車検査証(車検証)
  • 所有者の印鑑登録証明書(軽は不要)
  • (軽)自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 実印(軽は認印でOK)
  • リサイクル券

印鑑登録証明書については、地域によって必要になる枚数が変わるので注意して下さい。通常は2~3通あれば問題ないはずです。

エクスクラメーションマーク注意
印鑑証明書と車検証の住所が違う場合、住民票や戸籍謄本などが必要になる場合があります。

この他に、譲渡証明書委任状なども必要になりますが、売却先の店舗で書類は用意してあるので、事前に準備する必要はありません。

所有者が自分以外の場合は、一度自分に名義変更をすることになるので、現在の所有者(旧所有者)の印鑑証明書や委任状、譲渡証明書も必要になります。

また、住所変更を伴う場合は車庫証明書も必要になるので注意して下さい。

売却時の必要書類や再発行の仕方についてはこちらでも詳しく解説しています。紛失してみつからない場合などは参考にして下さい。

スポンサーリンク

ローンの途中で車を高く売却するには?

ローンの途中で車を高く売る方法

ローンの途中で車を売却する場合、売却額を含めてローンを完済する必要があります。

車を高く売却できればできるほど残債が減ることになるため、少しでも高く売ることが重要です。

 

売却前にまずは相場を調べる

ローンの途中で車を売却する場合でも、事前に相場を調べておくことは重要です。

『ローンが残っているけど、この車いくらくらいになりますか?』

と見積りを取りに行く方が多いですが、その質問をするということは、相場が分からないと言っているようなものです。

本当は残債以上に高く売れる場合であっても、足元を見られて安く買い叩かれる可能性が高いので注意して下さい。

事前に相場を調べておけば、安く買い叩かれる心配もありませんし、不足金の目途もつきます。

今はネットでも簡単に買取相場が調べられる時代なので、車を売却する際には必ず相場を調べておきましょう。買取相場の調べ方が分からない方は下記の記事を参考にして下さい。

 

車一括査定を利用する

車を高く売りたいなら、ディーラーの下取りは安くなる傾向があるので、少し手間はかかっても買取店で売却することをおすすめします。

また、買取額は店舗によって違うので、複数の買取店を比較すると良いでしょう。比較するだけで買取額が数十万円上がったという方も多いので、やらない理由がありません。

車一括査定を利用すれば、一度に複数の査定依頼ができるので、比較も簡単にできます。車一括査定も色々ありますが、提携業者の数が多くて依頼する業者の選べるカーセンサーが最もおすすめです。

他の車一括査定も知りたいと言う方は、こちらもチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

まとめ

車はローンの途中であっても売却は可能ですが、誰が所有者になっているかで手続きや必要書類が変わってきます。

面倒で複雑な手続きは車を買取する業者が全て代行してくれるので、特に心配する必要はありません。

ローンの途中でもあっても車を少しでも高く売ることに集中し、次の車に負担がかからないようにしましょう。

また、車を高く売るには一括査定の利用がおすすめですが、交渉が苦手な方やもっと楽に車を高く売りたい方にはオークション方式の買取店もおすすめです。

査定も1度だけで済みますし、面倒な電話対応や業者との駆け引きも不要で高く売ることができます。

但し、もちろんデメリットもあるので、詳しく知りたい方は下記の記事も参考にして下さい。

タイトルとURLをコピーしました