車検切れギリギリの売却はあり?それとも車検は通してから売るべき?

車の売却

車検切れギリギリの車、あるいは既に車検が切れてしまった車は買取して貰えないと思っていたり、査定を受けても値段がつくわけないと決めつけていませんか?

もちろんそんなことはなく、車検切れでも車の買取はできますし、査定にも影響は殆どありません。

また、車検が切れたまま放置して動かない車でも買取は可能です。車検を通してから買取してもらおうと考えている方もいるかもしれませんが、損をする可能性が高いのでやめましょう。

ただし、車検が切れた車をそのままにしておくと自動車税が課税されてしまうので、早めに買取してもらう必要はあります。

ここでは、車検切れギリギリの車はそのまま売却したほうがいい理由や少しでも高く売るための方法について解説します。

スポンサーリンク
電話も査定もたった1回!コロナ禍でも人気の車買取比較サービス!

車を高く売るために何社も比較したいけど、できるだけ人との接触回数を減らしたい・・・そんなあなたにぴったりなのがユーカーパックです。
なぜなら、ユーカーパックは電話も査定も1回のみ。
8000社以上が加盟しているオークションに無料で出品できるので、査定後はオークションの結果を見守るだけです!
一括査定が面倒という方にもおすすめなので、まだ利用したことがない方は是非お試しください。

車検切れギリギリの車を売却するのは問題ない

車検切れギリギリになってから買い替えを検討するという方は非常に多くいます。

車検の見積りが予想以上に高額になった場合、車検を取らずに車を買い替えるべきではないかと考える方が多いからです。

また、そんなギリギリの状態で車検を取るか迷っているうちに、車検が切れてしまうこともあるでしょう。

車検が切れると公道を走ることができないため、業者に依頼して車を移動してもらう必要があり、少し面倒な状況になります。

ですが、そのまま車検をうけずに売却することは全く問題ありませんし、それを理由に買取を断るお店はまずないでしょう。

ディーラーの下取りや買取専門店など、どこでも買取してもらうことができるはずです。わざわざ車検を取りなおす必要もなければ、自分で廃車にする必要は全くありません。

 

車検切れでも査定に影響はない

車検切れの車は、安く買取されてしまったり、価値が無いのではないかと思う方もいるでしょう。

確かに、車検の残り期間が長ければ、買取査定で加点を受けられるため、買取額が高くなることはあります。

しかし、車検切れだと加点が受けられないというだけで、評価がマイナスになるわけではありません。買取をする側のお店からすれば、車検が残っていようが切れていようが関係ないからです。

業者オークションならそのまま出品すれば良いだけですし、店頭販売なら売り手がついてから車検を取るだけです。

海外へ輸出するなら、そもそも車検自体が不要になるため、残っていても意味がありません。

また、殆どの買取店は積載車(レッカー車)などで車を運びます。積載車がなくても、仮ナンバーを取得すれば公道を走ることができるため、全く問題はありません。

 

車検を通してから売るのは損!

車検が長く残っていると加点を受けられるといいましたが、車検代にかかる費用以上の加点を受けることはまずできません。ですから、わざわざ車検を通してから買取してもらうと損をします。

これは、既に車検が切れている車だけに言えることではありません。そろそろ車検が切れるという時期に車の買い替えを考える方も多いと思いますが、車検が切れる前に乗り換えるのがベストです。

車検の残り期間による加点は6ヶ月以上残っている場合だけなので、車検まで残り6ヶ月を切ればいつ売却しても変わりません。

ギリギリまで乗るのも良いですが、買取店を探したり、交渉する期間なども考えれば、遅くとも1ヶ月くらい前には動き始めることをおすすめします。

 

車検切れのまま放置した不動車も売却できる

使わなくなった古い車をそのまま自宅に放置しているケースも多いと思います。車検も切れているし、エンジンもかからない、もう廃車にするしかないかなと考えているような車でも買取は可能です。

また、故障や事故によって動かすことができない車も買取することができます。

この場合は、通常の買取店に売却するより、不動車や事故車などを専門に買取している業者のほうが、高く買取してくれる可能性が高いです。

通常の買取店では、再販価値がない車は査定が0円となる場合が殆どですが、専門店ならパーツや資源としての価値を評価してくれることもあります。

不動車や事故車だからといって、費用がかかることは殆どないので、処分に困っているなら一度買取査定を受けてみると良いでしょう。詳しくは下記の記事を参考にして下さい。

スポンサーリンク

車検切れの車を買取してもらう方法

車検切れの車は公道を走ることができないためそのままでは直接車をお店に持ち込んで買取してもらうことはできません。

車検切れの車を運転すれば、当然罰則もありますし、万が一車検切れで事故を起こしてしまった場合、保険が適用されないこともあります。

何かあってからでは遅いので、車検切れの車をそのまま運転して持ち込むのは絶対にやめましょう。

車検切れの車を買取してもらう方法は、

  • 仮ナンバーを取得してお店に持ち込む
  • 買取店の出張査定を利用する

という2つがあります。

 

仮ナンバーを取得してお店に持ち込む

車検切れの車でも、仮ナンバーを取得すれば公道を走ることができます。仮ナンバーとは、臨時運行の申請をすると発行されるナンバーで、主に車検切れの車を検査場に持ち込むときなどに使われます。

臨時運行の申請は、市区町村の役場で行うことができますが、申請にあたり必要なものがいくつかあります。

  • 運転免許証
  • 車検証
  • 自賠責保険証明書(運行期間中有効なもの)
  • 印鑑(認印可)
  • 手数料

申請書に記入し、上記のものがあれば仮ナンバーを発行してもらえますが、手間もかかりますし、手数料もかかります。

また、車検切れの車は、自賠責保険も切れていることが多く、その場合は新たに加入しなければなりません。

自賠責保険は最低1ヶ月から加入できますが、短いほど割高になるため、普通車なら5000円程度かかります。

後に記載する出張査定を利用すれば費用がかかることはないため、この方法で車検切れの車を買取してもらうことは殆どないでしょう。

 

買取店の出張査定を利用する

殆どの買取店では、持込での査定だけでなく、自宅への出張査定に対応しています。もちろん費用は無料で、車検切れの車を運転する必要がないため、基本的にはこの方法が安全でおすすめです。

申込みも買取店のホームページから簡単にできるので、手間もかかりません。近くにある出張査定に対応している買取店がわからないという方は、一括査定の利用がおすすめです。

一括査定なら基本的に出張査定になりますし、住所を入力するだけで、査定の申込みができる買取店をピックアップしてくれます。

探す手間が省けるだけでなく、一度の申込みで複数の買取店に査定を依頼できるので、最小限の手間で複数社を比較できるはずです。

車の買取は、どの業者もできるだけ安く買取したいので、1社だけの査定では安く買取されてしまいます。複数社の見積りを比較し、競合させることが車を高く売るコツです。

最近の一括査定は、事前に申込む買取店を選択できるようになっているところも多いので、本当に必要なところにだけ査定の依頼ができます。

一括査定の選び方や、おすすめの一括査定については下記の記事を参考にして下さい。

スポンサーリンク

車検切れの車の買取に必要な書類

車検切れの車を買取してもらうために必要な書類は、通常の買取と変わりません。

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券

上記の書類と、印鑑登録証明書と同一の実印を用意しておけば問題なく買取できます。急ぎでなければ、査定を受けて売却が決まってからでも準備はできます。

しかし、放置していた期間が長い場合などは、書類が紛失している可能性もあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

もし紛失してしまった場合は再発行が必要になる場合もあります。車の売却時に必要な書類と、再発行の方法についてはこちらも参考にして下さい。

スポンサーリンク

まとめ

車は車検切れでも問題なく買取ができますし、例え不動車や事故車であっても買取は可能です。

車検切れの車は運転してお店に持ち込むことができないので、基本的には出張査定を利用して買取を依頼しましょう。

近くの買取店は、一括査定を利用すれば簡単に探すことができますし、申込みも一度で済むためおすすめです。

少しでも高く車を売りたいなら、他社と比較して競合させることが重要なので、是非利用してみて下さい。

また、買取査定時の交渉も重要になりますが、交渉は得意でないという方も多いでしょう。そんな方には、交渉も不要で車を高く売ることができるオークション型の車買取もおすすめです。

出張査定に対応している買取店もあるので、興味がある方は下記の記事もチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました