1. TOP
  2. 車の購入
  3. 車の頭金はいくら用意すればいい?相場や支払うタイミングは?

車の頭金はいくら用意すればいい?相場や支払うタイミングは?

 2019/03/14 車の購入
  768 Views

車を購入する際に、殆どの方がローンを利用すると思います。

そんなローンを利用する時、
・頭金を用意した方が良いのか?
・いくら用意すれば良いのか?
・いつ払うのか?
といった疑問がある方も多いのではないでしょうか?

今回は、車をローンで購入する際に生まれる
頭金についての様々な疑問を解決していきます。

Sponsored Link

車をローンで購入するために頭金は必要?

車をローンで購入する際には、頭金を用意
した方が良いのでしょうか?

結論から言えば、車をローンで購入するに
あたり、頭金を必ず用意する必要はありません。

確かに頭金を用意することで得られるメリット
は多くありますが、頭金を用意することによる
デメリットもあるからです。

まずはこのメリットとデメリットを理解して、
頭金を準備するべきかどうか判断しましょう。

 

頭金を用意するメリット

ローンを利用する際に頭金を用意すると、
次のようなメリットがあります。

  • 審査が通りやすくなる
  • 月々の返済額を減らすことができる
  • 利息が減ることで総額も安くなる
  • 金利が優遇される場合がある

頭金を入れることで、借入総額が減ることに
なるため、ローンの審査も通りやすくなります。

例えば、車のローンは年収が限度額の目安とも
言われていますが、頭金を用意すれば年収を
超える車を購入できることもあります。

ローンの審査は年収に対しての返済比率で
融資可能かを判断しているところが多いです。

返済比率とは、年間の返済額と年収の比率で、
返済額が年収の3割を超えると審査が通りにくい
とも言われています。

ですから、頭金を入れることで借入総額を
減らすことができれば、車だけでなく他の
ローンを今後利用するときの審査も通りやすくなるでしょう。

また、借入総額が減ることによって、
月々の返済負担が減るのはもちろんですが、
金利分の利息も少なくなります。

借り入れる金融機関によっては、頭金を入れる
ことで金利が若干優遇される場合もあるので、
頭金を入れるメリットも大きいでしょう。

 

頭金を用意するデメリット

車の購入時に頭金を用意する場合、
次のようなデメリットもあります。

  • ある程度まとまった現金が必要になる
  • 車の維持費で生活費が圧迫される
  • 手続きが面倒になる場合もある

購入予定の車両価格にもよりますが、
頭金が少なければ月々の支払いは殆ど
変わらないので、数十万円というある程度
まとまった現金が必要になります。

車は購入後も自動車税や車検、ガソリン代や
駐車場代などといった多くの維持費がかかります。

無理をして頭金を用意したことによって、
他の支払いができなくなっては本末転倒です。

特に車検はある程度まとまったお金が必要に
なるので、手元に現金を残しておいた方が
余裕をもって返済ができるでしょう。

また、銀行などの金融機関のローンを利用する
場合には、頭金は引落し口座に準備する必要があります。

購入する店舗に直接支払うことも可能ですが、
その場合は残額の分かる請求書などが必要です。

金融機関のローンは審査にも少し時間が
かかる場合も多いので、納車までの期間が
少し伸びてしまうといったデメリットもあるでしょう。

 

頭金無しのフルローンでも車は購入できる

頭金が用意できないからといって、ローンが
利用できないわけではないので、頭金無しでも
審査が通るのであれば、無理をして用意する必要はありません。

確かに頭金を入れれば、月々の支払い額を
少なくすることはできますが、頭金の金額が
少なければそこまで大きく変わらないからです。

頭金として用意する金額によって、どの程度
返済額が変わるのかを知った上で判断しても良いでしょう。

また、利息分を少なくしたいのであれば、
繰り上げ返済や一括返済などを利用して
ローン期間を後から短縮する方法もあります。

返済計画に余裕があるのであれば、手元に
現金を残しておく方が急な出費にも対応できるでしょう。

ただし、繰り上げ返済に対応しているかどうかは
金融機関によって違うため、事前に確認が必要です。

 

頭金はいくら用意すれば良いのか?

頭金を用意すると決めても、いくら用意すれば
良いのか分からない方も多いと思います。

ここからは、頭金の目安について考えてみましょう。

 

頭金は基本的にいくらからでもOK!

頭金は基本的に自由に設定することが可能です。

しかし、先ほども触れたように、購入する車の
金額に対して、ある程度の頭金を用意しなければ
頭金を入れるメリットは実感できません。

頭金を入れるなら、最低でも10%程度
用意しておきましょう。

また、金額の何%以上といったように、
頭金の最低額が決まっている金融機関や、
最低融資額が決まっているところもあります。

その場合には、頭金として入れることができる
金額はある程度決まってくるでしょう。

 

頭金の一般的な相場はどのくらい?

車を購入する際の頭金は、購入金額の
20~40%程度が一般的な相場と言われています。

このくらいの頭金を用意できれば、月々の
返済額も目に見えて少なくなり、メリットを
実感できるでしょう。

例として、200万円の車を購入する場合の
返済額を見てみましょう。
どちらも金利は6%、ローン期間3年で
ボーナス払いは無しとします。

  • 頭金無し・・・・・・60,843円
  • 頭金40万円・・・48,675円
  • 頭金60万円・・・42,590円
  • 頭金80万円・・・36,506円

上記の例の場合、20%程度の頭金が用意
できれば、月々の返済額は1万円以上変わります。

ちなみに、利息分も4万円近く節約することが
できるため、頭金を入れたメリットをしっかりと
感じられるはずです。

 

頭金はいつ払うの?

頭金を支払うタイミングは、購入する店舗や
車の購入金額によっても違うかもしれませんが、
基本的には納車時に支払う形が一般的です。

金額が大きいと、注文時に税金分や手付金を
ある程度支払う場合もあります。

これは、車を登録するのに税金などの諸費用を
店舗側が先に負担する必要があるため、
比較的規模の小さい販売店では良くあることです。

また、ディーラーなどでは、頭金をクレジット
カードで支払うことができる場合もあります。

このように、店舗によっても違いがあるので、
車の購入時には、支払うタイミングや支払方法
などを事前に確認しておきましょう。

フルローンで車を購入する場合は、これらの
諸費用も全て含むことができるため、現金を
支払う必要はありません。

 

頭金を簡単につくる2つの方法

頭金がなくても車は購入できますが、
購入後の負担を減らすことができるので、
できれば用意しておきましょう。

頭金をつくるためにおすすめの方法を
2つほど御紹介します。

 

計画を立てて準備しておく

車を購入しようと思ったら、半年くらい前から
準備しておきましょう。

現時点で車を購入したと仮定して、月々の
返済額や維持費などを想定し、その分を
頭金として貯めていきます。

この方法は、頭金を作れるだけでなく、
購入後のシュミレーションにもなるため、
特に初めて車を購入する方にはおすすめの方法です。

具体的に購入する車が決まっていた方が
より現実に近いシュミレーションが出来ますが、
まだ決まっていなくても問題ありません。

無理なく返済できる金額や予算を決め、
その他の維持費を含めた金額を貯めていきましょう。

 

今乗っている車を少しでも高く売却する

既に今乗っている車があれば、その車を
少しでも高く売却して頭金に充ててしまいましょう。

車を売却する際は、手間のかからない下取りを
選択してしまう方が非常に多いですが、車を
高く売りたいなら下取りに出すことは避けましょう。

車の買取業者は、それぞれ力を入れている
車種も違えば、販売ルートにも違いがあります。

業者が違うだけで買取価格が10万円以上変わる
というのは良くあることなので、できるだけ多くの
業者で査定を受けることが大切です。

一括査定を利用すれば、自宅にいながら複数の
買取業者があなたの車を査定しにきてくれます。
わざわざこちらから足を運ぶ必要がないのでとても便利です。

 

一括査定ならおすすめはコレ!

一括査定の申込サイトは色々ありますが、
提携業者数が多いズバット車買取比較がおすすめ。

申込みをした後に相場がすぐにわかるため、
極端に安く買い叩かれてしまうという心配が
ないので安心して利用できます。

ただし、提携業者が多い分高額査定がでる
可能性は高いですが、その分やり取りする
業者も多い点には注意しましょう。

申込後に各社から電話が来るので、時間の
無い時に申し込むのは避けた方が良いです。

 

手間をかけたくない人におすすめはコレ!

一括査定は対応が面倒・・・でも高く売りたい!
という方にはユーカーパックがおすすめです。

ユーカーパックは、一括査定とは違い、
査定も1回、やり取りする業者も1つだけです。

それでどうやって複数の査定を受けるのか
と思うかもしれませんが、ユーカーパックは
査定した車を公開入札(オークション)にかけてくれます。

5000社以上が参加しているサービスなので、
上手くいけば一度の査定で高く車を売ることができるのです。

ユーカーパックも事前に相場が分かりますし、
最低落札価格を自分で設定できるので、
納得がいかなければ売却しないこともできます。

まだ比較的新しいサービスですが、参加する
店舗もどんどん増えているので、一度査定を
受けてみてはいかかでしょうか?

 

まとめ

いかかでしたか?
車をローンで購入する場合、できれば頭金を
用意した方が良いですが、無理をしてまで
頭金を入れる必要はありません。

車は購入後にも維持費が多くかかるので、
購入後のことも考えて現金を手元に残して
おくというのも考え方の1つです。

頭金としてではなく、後から一括返済などを
利用する方法もあるので、メリットとデメリット
を良く理解してから自分に合った方を選択して下さいね。

また、車のローンと言えば、最近は残価
設定型のプランも人気があります。

ただ、残クレが向いている人と向いていない
人がいるので、よく理解してから利用しましょう。

残クレについては、宜しければこちらの記事も参考にして下さい。

車の残価設定ローンは損?残クレのメリット、デメリット!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

エンドラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エンドラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yasu

yasu

自動車整備士として車業界に15年以上携わり、修理の知識はもちろん車の売買からコーティングのことまで幅広い知識を生かして記事を執筆中。国家資格の整備士免許だけでなく、中古車査定士などの資格も取得しています。

    関連記事

    • 車の残価設定ローンは損?残クレのメリット、デメリット!

    • 中古車の諸費用が高い!費用の内訳とチェックするポイント!

    • 車を高く売れる買取店がみつかる!一括査定おすすめランキング!

    • 車検の時期と適切なタイミング!前倒しするメリットはある?

    • タイヤ交換の工賃相場|プロが教える持ち込みで費用を抑える方法!

    • 中古車の値引き相場はどれくらい?値引き交渉時のポイント!