激安車検は危険?日頃からメンテしない人が利用してはいけない理由!

車検

車検は定期的に受けなれければならず、費用も安くはないため、できるだけ安く車検を通したいと考える方は多いでしょう。

そこで激安、格安といった車検を利用する方も多いかもしれませんが、これらの車検にはデメリットも多く、人によって向き不向きがあるため誰にでもおすすめできるものではありません。

特に日頃から車のメンテナンスを殆どしない方が安いだけの車検を利用するのはかなり危険です。

とはいえ、安くても安心できる車検業者があるのも事実です。ここでは、激安車検の危険性や安心できる車検業者の選び方などについて解説します。

この記事を読めば、きっとあなたは安くても安心できる車検を受けられるようになるはずです。

スポンサーリンク
電話も査定もたった1回!コロナ禍でも人気の車買取比較サービス!

車を高く売るために何社も比較したいけど、できるだけ人との接触回数を減らしたい・・・そんなあなたにぴったりなのがユーカーパックです。
なぜなら、ユーカーパックは電話も査定も1回のみ。
8000社以上が加盟しているオークションに無料で出品できるので、査定後はオークションの結果を見守るだけです!
一括査定が面倒という方にもおすすめなので、まだ利用したことがない方は是非お試しください。

そもそも激安車検ができる理由とは?

車検は税金や自賠責保険といった料金が大部分を占めているため、安くできる部分は限られています。

ディーラーは基本工賃が他より高いため、その分だけでも1~3万円程度の差がつくことはありますが、同じ内容ならそれ以上大きな差がつくことは基本的にありません。

整備箇所が増えるほど料金の差も大きくなることはありますが、年式の新しい車などはもともと交換する部品などが殆どないため、激安車検との差は小さいでしょう。

もし他社よりも車検の料金が極端に安い場合、激安車検を実現するために交換するべき部品を後回しにしたり、必要最低限のものすら省いている可能性が高いです。

また、あまりにも安すぎる場合、もしかしたら法定点検すら行わない車検代行業者の可能性もあります。車検代行業者は一般的な車検業者と違うので注意してください。

ヤス
ヤス

車検代行業者とは、ユーザー車検を代わりに通してくれる業者のことで、基本的に簡易的な日常点検しかできない場合が多いです。

スポンサーリンク

激安車検は危険?結果的に損することもある!

激安車検といってもピンキリで、ただ通すだけの車検をする業者もいれば、必要最低限の整備はしながら費用をなるべく安く設定している業者もあります。

ただ通すだけの車検が悪いというわけではありません。車に詳しい人や自分でメンテナンスをする方は敢えてそういった業者を選ぶこともあるでしょう。

実際、私もここ数年は自分でユーザー車検に行きますし、自分で点検整備をして車検代行業者に依頼するという整備士の友人もいます。

しかし、車の知識が殆どない方や日頃からメンテナンスを全くしない方が、安い理由も良く分からずに激安車検を利用してしまうのはおすすめしません。

なぜなら、交換時期を過ぎた部品をそのまま放置した結果、車が故障して余計に修理費が高くついたり、危険な状態のまま車を乗り続けることになってしまうからです。

例えば、ブレーキパッドの残量が1mmといった状態でも、検査時に制動力が基準値以上あれば車検は通ります。

とはいえ、残り1mmというのは既に交換時期を過ぎた状態です。このまま乗り続ければブレーキパッドがなくなり、ブレーキが効かなくなるのはいうまでもありません。

さらに、ブレーキパッドの交換をしなかった結果、ディスクローターまで削れて交換することになります。結果的に修理費は数倍になり、激安車検のはずが損をすることになるでしょう。

このように、車検といってもどんな業者に依頼するかで内容が全く違う可能性もあるため、単純に料金だけで比較はできません。

激安車検といっても業者によって安い理由が違うことを理解し、自分にあった車検業者を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

安くて安心できる車検業者を選ぶ時のポイント

安くて安心できる車検業者を選ぶ時は、見るべきポイントが2つあります。

1つは車検の基本料金が安い業者を選ぶことで、安い業者を探すときのポイントです。

もう1つは内容や整備の必要性を分かりやすく説明してくれる業者を選ぶことで、これは安心して任せられる業者を選ぶポイントになります。

この2つを確認するためにも、まずは事前に見積りをとりましょう。事前に見積りをとれば詳細な金額が分かりますし、後から追加費用がかかるといったことを防ぐことができます。

 

車検基本料金(点検料、代行手数料、検査料含む)は安い業者がおすすめ

車検の基本料金は、なるべく安い業者を選ぶことをおすすめします。なぜなら、車検の基本となる内容というのは多少の違いはあっても殆ど変わらないからです。

車検の基本料金には24ヶ月点検の費用、書類などの手続きを代行する費用、検査ラインの使用料などが含まれています。

24ヶ月点検は国で定められている56項目を検査するもので、分解整備に該当する内容を含むため、国から認証、または指定をうけた業者しかできません。(車の所有者が自分でやる場合はOK)

数ある車検業者の中には、24ヶ月点検に独自の点検項目をプラスし、100項目以上の点検をしているところもあります。

確かに点検項目が多ければその分安心感はありますが、項目数が増えると手間がかかるので、料金も比例して高くなってしまうのがデメリットです。

理想は点検項目が多くて安い業者ですが、24ヶ月点検だけでも十分なので、料金が高いくらいなら安い業者を選ぶほうが良いでしょう。

また、代行手数料や検査料については、基本的にどちらも手数料なので安いに越したことはありません。

代行手数料や検査料は業者によって表示の仕方が違うため、見積り書やメニュー表などを確認し、いくらかかっているのか必ずチェックしてください。

このように、車検の基本的な内容は、点検項目を独自に増やしている部分を除けばどこも同じです。

点検項目が多くて安い業者があればもちろん良いですが、なければ24ヶ月点検でも十分なので、高いくらいなら安い業者を選びましょう。

フランチャイズ展開している車検の専門店は、ディーラー並みに手厚い点検項目と低価格が特徴なので、個人的にもおすすめです。迷ったら利用してみて下さい。

 

車検の内容や整備の必要性について分かりやすく説明してくれるか

安心して車検を任せることができる業者を選ぶ最大のポイントは、車検の内容や整備の必要性を丁寧に説明してくれるかどうかです。

なぜなら、車の状態を自分で知ることができますし、一般の方に分かりやすく説明できるということは、説明する側がしっかり理解しているということでもあるからです。

激安車検では、車検に通るかどうかだけをチェックしているような業者も多くあるため、車検直後に故障が発生するといったトラブルも多くなります。

ただ通すだけの車検だった場合、交換時期が近付いている部品があっても教えてくれない場合もあるので注意してください。

一方、親切で信頼できる車検業者は、交換が必要な部品があればその理由もしっかり説明してくれます。今すぐ交換しなくも良い場合は交換時期の目安なども併せて教えてくれるでしょう。

また、最近では立会い車検を実施しているところも増えていて、実際に車の状態を見ながら説明してくれたり、作業しているところを見られたりします。

自分の目で車の現状を把握できるため、立会い車検を実施している業者は特におすすめです。

このように、車検の内容について分かりやすく説明してくれる業者を選ぶと、自分自身も納得できる車検ができますし、安心して車検を依頼できます。

フランチャイズ展開している車検の専門店は、ディーラー並みに手厚い点検項目と低価格が特徴で、立会い車検を実施しているところも多いのでおすすめですよ。

スポンサーリンク

激安車検を探すなら車検予約サイトがおすすめ!

激安車検を探そうと思うと、近くにあるお店を調べたり、実際に見積りをとって比較しなければならないので、とにかく手間がかかります。

でも、楽天Car車検やEPARK車検といった予約サイトを使うと、近くにあるお店をすぐに比較できるだけでなく、お得なクーポンやポイントが獲得できるのでおすすめです。

また、どちらも基本的に事前見積りをしてから予約という流れになるため、詳細な金額もわかりますし、信頼できるお店かどうかも判断できるでしょう。

簡単にそれぞれの特徴を解説すると、楽天Car車検は事前見積り後に車検を実施するだけで500ポイントが貰えます。

楽天Car車検はキャンペーンに事前エントリーすれば2000ポイント以上の高額ポイントを貯めることもできるので、普段から楽天を良く利用する方におすすめです。

さらに、口コミも見れるのが楽天Car車検の特徴で、初めての店舗でも安心して利用できます。

EPARK車検は、車検の基本料金が10~49%が割引になるお宝クーポン、50%以上割引になる超お宝クーポンが特徴で、条件があえばお得に車検がうけられます。

クーポンは店舗ごとに発行され、枚数限定となっているので、お住まいの地域やタイミング次第になってしまいますが、条件があえばかなりお得に車検をうけることができるでしょう。

このように、サイトから予約するという手間はかかりますが、車検予約サイトを経由するだけで特典がついてくるので、安く車検をしたいなら利用しないのは損だと思います。

もっと詳しく知りたいという方は、下記の記事も参考にして下さい。

スポンサーリンク

まとめ

激安車検は確かに安いですが、ただ通すだけの車検をする業者もいれば、しっかり現状を説明してメンテナンスのアドバイスをしてくれる業者もあります。

どちらが悪いというわけではありませんが、自分に合わせて選ぶ必要があり、日頃からメンテナンスをあまりしない方はしっかり現状を説明してくれる業者を選びましょう。

車検専門店なら安いだけでなく、しっかりした点検と立会い車検があるためおすすめです。楽天Car車検やEPARK車検にも参加しているので、予約サイトを経由すればさらにお得になるでしょう。

また、激安車検は安い料金に目がいってしまいがちですが、事前に見積りをとらないと金額が高くなる可能性も高いので注意してください。

特に年式の古い車や走行距離が多い車は注意が必要で、必ず見積りをとってから依頼することをおすすめします。

車検の見積りをとってみたら、思わぬ高額な見積りを渡されてしまい、車検をとるべきか迷ってしまう方もいるかもしれません。そんな方は下記の記事を参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました