ディーラーの下取りは他社の車も可能!メーカーが違うと安くなる?

車の売却

今現在乗っている車とは違うメーカーの新車購入を検討している方も多いと思います。そんな時気になるのが、ディーラーは他社の車でも下取りできるのか?ということです。

また、下取りができるとしても、メーカーが違うと査定額が安くなってしまうのではないか?という疑問を持っている方も多いでしょう。

今回は、この2点について解説するとともに、より高く車を売る方法について御紹介します。

スポンサーリンク
電話も査定もたった1回!コロナ禍でも人気の車買取比較サービス!

車を高く売るために何社も比較したいけど、できるだけ人との接触回数を減らしたい・・・そんなあなたにぴったりなのがユーカーパックです。
なぜなら、ユーカーパックは電話も査定も1回のみ。
8000社以上が加盟しているオークションに無料で出品できるので、査定後はオークションの結果を見守るだけです!
一括査定が面倒という方にもおすすめなので、まだ利用したことがない方は是非お試しください。

ディーラーの下取りは他社の車も可能!

まず最初に、ディーラーは他社の車でも下取りできるのかということについてですが、結論からいえば、他社のメーカーでも関係なく下取りすることが可能です。

そもそも下取りというのは、新車の購入が前提となっています。ディーラーは新車の販売が最大の目的であり、他社の車だからといって下取りを断る理由はありません。

むしろ、他社の車を下取りするということは、ライバルから乗り換えてもらうチャンスです。

もしかしたら嫌な顔をされるのではないかと不安を持っている方もいるかもしれませんが、もちろんそんな心配は不要で、新車の購入を検討していると分かれば歓迎されることでしょう。

スポンサーリンク

他社の車だと下取りが安くなる?

次に、他社の車だと下取り額が安くなるのかということについてですが、これについてもメーカーが違うからという理由で安くなってしまうことはありません。

なぜなら、ディーラーの下取り価格は、基本的にJAAI(日本自動車査定協会)の基準に則って決められることが多いからです。

メーカーが違っても基本的には同じ方法で査定がされるので、他社でも殆ど同じ下取り価格が提示されることでしょう。他社だから価値がわからないということはないので安心して下さい。

他社の車だと下取りが安くなると考えている方は、おそらく下取りした車が売りにくいことも懸念しているのだと多いと思います。

確かにディーラーは、同じ系列の中古車販売店を経営していることも多く、下取りした車を展示して売却することもあります。

しかし、ディーラーは下取りした車を全て自社、または系列の会社で売るわけではありません。

展示スペースには限りがありますし、どんな車が下取りで入ってくるかもわからない状況では、オークションに出品して売却するケースのほうが圧倒的に多いでしょう。

ですから、余程人気の車種で状態が良く、たまたま在庫が不足しているといった特殊な場合を除けば条件は全く同じであり、他社だから下取り価格が安いということはありません。

 

他社だから下取りが安い、高いという噂の真実

友人や知人、ネットの情報などでは、他社の下取りが安い、高いという意見を見聞きすることもあるでしょう。

しかし、これは他社だから安い、高いということではなく、単純に比較したことによる結果である可能性が高いです。

つまり、安いほうの交渉が限界までできていなかっただけということになります。

また、下取り価格というのは、新車の値引きとセットで考えなくてはなりません。なぜなら、新車の値引き分を下取り価格に回しているだけということもあるからです。

そもそも他社と比較する場合、購入対象となる新車の価格も違うでしょう。当然値引きできる金額も違うはずですし、下取り額だけを見て高い安いと判断することは難しくなります。

このように、下取り額だけを見れば他社が高い、安いということはありますが、詳細をみていけば結果は同じであることが多いです。

実際には他社と比較しても下取り価格に差は殆どないので、値引きや下取り額を総合的にみて判断することが大切です。

スポンサーリンク

ディーラーの下取り価格は相場より安い場合が多い

新車を購入するならディーラーの下取りが一番お得に乗り換えできると考えている方も多いですが、ディーラーの下取り価格は相場より安いことが殆どです。

ディーラーの下取り価格が安い理由は、

  • 基準となる価格が相場より低い
  • 下取りした車で利益を出そうと思っていない
  • 競合が少ない

ことなどが挙げられます。

多くのディーラーが使用するJAAIの基準はある意味公正な基準といえますが、実際のオークション相場より安いことが殆どです。

もちろんディーラーもそのことは知っていますが、下取りは損をしなければ良いと考えているため、積極的に高い下取り額をつけることはまずありません。

これには、ディーラーの本業は新車の販売であるということだけでなく、競合が少ないことも関係しています。

ディーラーは一部の車種を除いて販売チャネルが分かれており、エリアと販売チャネルが同じなら経営する会社も同じです。

つまり、全く同じ車種を扱う競合が近くに存在せず、下取りを無理に高くしなくても新車は売れる状況になっているといえます。

最近になって販売チャネルが統一化されはじめ、今後は同じメーカーを扱うディーラー同士が競合することで下取り価格が高くなることも期待できます。

しかし、激しい競争は店舗の減少を招く恐れもあり、現状ではまだそれほど状況は変わっていません。

ですから、現状では車を高く売るなら下取りではなく、買取した車の転売によって利益を得る、買取専門店のほうが高く売れる可能性は高いでしょう。

買取専門店は競合が多く存在し、買取しなければ商売にならないため、積極的に高い金額をつける場合が多いです。

スポンサーリンク

買取専門店なら高く売れるわけではない!

買取専門店のほうが下取りより高く売れる可能性は高いですが、それは複数の買取店を比較して初めていえることです。

買取専門店は安く買取できればその分利益も大きくなるため、できるだけ安く買取したいと考えています。

つまり、買取店に高く売るためには他社と比較して交渉していくことが必要であり、駆け引きなども重要になってきます。

手っ取り早く車を高く売るためには、より多くの買取店を競合させることであり、車一括査定を使うのがおすすめです。

車一括査定なら複数社にまとめて査定依頼を出すことができるため、比較にかかる手間を最小限に抑えることができます。

車一括査定といってもサイト毎にそれぞれ特徴があるため、自分に合ったものを選ぶのが大切です。

車一括査定には大量の電話がくることや営業がしつこいなどの不満やトラブルも多いですが、正しい利用方法と自分に合ったサイトを選べばこれらの問題は解消されるでしょう。

人気の車一括査定をランキング形式でまとめてあるので、興味がある方はサイト選びの参考にして下さい。

スポンサーリンク

まとめ

ディーラーの下取りは他社の車でも関係なく、メーカーが違うからといって安くなることもありません。

ただし、ディーラーの下取り自体が安い水準となる場合も多いため、少しでも車を高く売りたいなら買取専門店に依頼するのがおすすめです。

買取専門店でも無条件に高く買取をしてくれるわけではなく、複数の買取店同士を比較することが重要になります。

車一括査定を利用すると比較が簡単にできるので、車を高く売るためには積極的に利用しましょう。

また、最近では車一括査定より簡単に比較ができるオークション型の買取店も増えてきています。

オークション型の買取店は電話も1社だけで交渉も必要ないので、大量の電話が面倒に感じる方や交渉が苦手な方におすすめです。

詳しくは下記の記事で解説しているので、興味のある方は併せてチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました