タイヤ交換は通販が圧倒的に安い!プロが教える価格を半分以下に抑える裏技!

メンテナンス・板金

車には定期的に交換しなければいけない消耗品がたくさんあります。

その中でもタイヤは価格が高いので、なるべく安いところを知りたいって人も多いのではないでしょうか?

結論から言えば、タイヤは通販で購入するのが安いです!

私も自分の車のタイヤをつい先日交換してきましたが、値段は16インチのタイヤ4本(205/60R16)で2万円以下。

今回は自分でやらずにお店に交換を依頼したので、工賃や廃タイヤ処理料、ゴムバルブの交換など、すべて含めても25,980円(税込)でした!

もし、この価格を聞いて安いと思ったなら、是非この記事を最後まで読んでみてください。

きっと今までよりも安い価格でタイヤ交換ができるはずですよ!

『え、買うより安くない?』車のプロも驚くカーリース!

カーリースは高いイメージがありますよね?
私もそうでした・・・このカーリースを知るまでは。
これなら新車を3年毎に乗り換える生活も夢ではありません!
車のプロも利用したいと思えるカーリース。その仕組みやメリット、デメリットを解説します。

車のタイヤは高い!でも交換を後回しにすると・・・

車のタイヤはどんどん大きいサイズが使われるようになっていて、タイヤ自体の価格も上昇しています。

軽自動車でも15インチ以上のタイヤが純正で使われていたりするので、タイヤ交換の見積りをもらったときに高いと感じる人は多いのではないでしょうか?

タイヤだけでも高いのに、車検の時期とタイヤの交換時期が重なったりした場合は最悪

車検代が10万円以上かかってしまったり、車によっては20万円を超えてしまうなんてこともあるかもしれません。

とはいえ、タイヤはスリップサインさえ出ていなければ車検には通るので、タイヤ交換を後回しにして、とりあえず車検だけ通す人も残念ながら多いのが現状。

しかし、交換時期を過ぎたタイヤのまま走行し続けることは危険です。

溝のないタイヤや古くなってゴムが固くなったタイヤは、

  • 雨の日にハイドロプレーニング現象が起こりやすい
  • カーブや停止時、発進時にスリップしやすい
  • ひび割れしたタイヤが走行中にバーストする

などの危険性があり、最悪の場合は重大な事故に繋がります。

自分だけならまだ良いかもしれませんが、他車に衝突したり、同乗者を危険に晒すことにもなるので、寿命を迎えたタイヤはなるべく早く交換しましょう。

実は、タイヤは高いものではありません!

殆どの人がタイヤは高いイメージがあると思いますが、高いのは有名なブランドのタイヤだけです。

例えば、国産タイヤメーカーのブリジストンやヨコハマ、ダンロップ、海外メーカーではミシュランなどが有名ですよね?

これらのメーカーは国内で知名度が高く、どこでも販売されているので、名前を聞くだけで安心感があります。

でも、それはあくまで国内だけの話。海外では私たちが知らないブランドのタイヤが有名だったりしますし、価格も驚くほど格安で購入できたりします。

もちろん、安いタイヤだから低品質というわけではありません。

国際的な安全基準をクリアしていますし、中にはその国で販売されている日本車の標準装備タイヤとして採用されていることもあるくらいです。

つまり、日本ではあまり知られていない安全性の高いタイヤを購入できれば、タイヤ交換が安くできるということ。

『そんなタイヤどこで買えるの?』と思うかもしれませんが、通販を利用すれば簡単に購入できます。

特にAUTOWAY(オートウェイ)というサイトは、安くて品質の良い輸入タイヤを多く取り扱っていて、私もつい先日交換した自家用車のタイヤはここで購入しました。

最近ではテレビCMもやっているので、もしかしたら名前は聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

CMでも言っているように、とにかくタイヤが安いです。

もちろんタイヤサイズによって価格は違いますが、私の場合は国産メーカーなら1本1万円くらいする16インチのタイヤが1本4,790円(税込)という激安価格で購入できました。

安いタイヤを探している人は、是非一度チェックしてみてください。

AUTOWAYの公式サイトはこちら

確かに安いけど安全性は本当に大丈夫なの?

上の画像は実際に今回交換したタイヤになります。既に1,000kmほど走行し、雨天時や高速道路でも走行しましたが、普通に街中を乗る分には全く問題ありません。

まだ1,000kmといわれればその通りですが、以前装着していたタイヤもAUTOWAYで購入した輸入タイヤなので、輸入タイヤでも国産タイヤと同じように乗れることは私自身が証明しています。

ちなみに、交換前のタイヤは溝が少なくなっていたため、水たまりでハンドルを取られそうになったりしていましたが、交換後はそれもなくなったので安心です。

とはいえ、聞いたこともないメーカーのタイヤを買うって、結構勇気がいることだと思います。

実際、私の周りにいる整備士たちにも、やっぱりタイヤは国産メーカーじゃないとダメだ!という人がいるくらいなので、一般の人はもっと不安を感じるでしょう。

もちろん、ただ私一人が輸入タイヤは安全だと言っているわけではありません。

AUTOWAYでは国際的な品質規格に通ったタイヤのみ販売されているので、安全性に関しては心配不要です。

さらに、AUTOWAYの販売実績は累計2,700万本を超え、今では年間250万本以上の輸入タイヤが販売されています。

これだけの販売実績と、今でも売れ続けていることをみれば、安全性に何も問題がないことは一目瞭然なので、安心して利用してください。

AUTOWAYの公式サイトはこちら

AUTOWAYでタイヤを購入するメリット

AUTOWAYはタイヤが安いというだけでなく、他にも以下のようなメリットがあります。

  • 取り付け店の予約までできる
  • ブランド紹介が充実している
  • 口コミ件数が多くて参考になる

取り付け店の予約ができて工賃も統一されている

AUTOWAYではタイヤの購入だけでなく、事前に交換する店舗を選んで予約し、直接送ることができます。

通販でタイヤを購入する場合、取り付け店舗を探すのが実は一番大変かもしれません。

というのも、持ち込みでのタイヤ交換は受け付けていないところもあったり、工賃をかなり高く設定している場合があるからです。

しかし、AUTOWAYでタイヤを購入するなら取り付け店探しも楽ちん♪工賃も統一されていて、持ち込みにしては安いと思います!

取り付け対応可能な店舗もかなり多いので、地域にもよるとは思いますが、比較的近くでお店がみつかるはずです。

 

ブランド紹介が充実していて知らないメーカーも安心して買える!

AUTOWAYでは、取り扱いブランドの紹介ページが用意されていて、それをみるだけでどんなメーカーなのか簡単に知ることができます。

ちなみに、私が今回購入したタイヤは、MINERVA(ミネルバ)というメーカーのタイヤです。

16インチのタイヤ(205/60R16)が1本4,790円という国産タイヤではありえない価格で購入できましたが、正直なところ私も知らないメーカーだったので最初は不安でしたw

というのも、当初はATR RADIALというメーカーのタイヤを購入予定でしたが、在庫切れで急遽このタイヤに変更したからです。

しかし、AUTOWAYはブランドの紹介ページが一覧でまとめてあり、チェックしてみると元々ベルギーで生まれた自動車メーカーということが判明。

タイヤブランドとしても20年以上の歴史があり、今では年間300万本以上の販売実績があることもわかったので、安全面においては全く心配がなくなりました。

いくら国際基準を通過した安全なタイヤだといっても、全く知らないメーカーのタイヤを買うには私でも勇気がいります。

でも、AUTOWAYならサイトをみればどんなメーカーなのかが詳しくまとめてあるので、タイヤを選ぶときの参考にしながら納得して購入できるはずです。

 

AUTOWAYは口コミも多くて参考になる!

AUTOWAYでは、タイヤごとに購入者の口コミが確認できるようになっています。

今の日本では、輸入タイヤを通販で購入するというのがまだそこまで一般的ではないですよね。

実際、AUTOWAYで口コミの内容をみても、車関係の人かな?と感じるレビューや、タイヤの知識があるだろうなと感じるレビューが多いです。

だからこそ、口コミをみる側としては安心感がありますし、知識がそれほどない人でもレビュー内容をみればタイヤの性能がなんとなくわかると思います。

このように、AUTOWAYでは初めて輸入タイヤを購入する人でも安心して利用できるコンテンツが充実していて、タイヤ交換費用を安くしたい人にはおすすめです。

最初は不安に感じることも多いと思いますが、実際に私自身何度も利用していますし、AUTOWAYでは累計2,700万本の輸入タイヤ販売実績があります。

私一人の意見では信用できなくても、安心して購入できることは実績からも明らかです。是非この機会に輸入タイヤデビューしてみてください!

AUTOWAYの公式サイトはこちら

AUTOWAYでタイヤを購入するデメリット(注意点)

AUTOWAYを利用するデメリットは殆どありませんが、以下の点には注意してください。

  • ロードノイズ(走行音)はやや大きめ
  • 個人宅への配送料が有料
  • 工賃は探せばもっと安いところはある

安全性は問題ないけど国産タイヤよりロードノイズ(走行音)はやや大きめ

AUTOWAYのデメリットというよりは輸入タイヤのデメリットですが、国産メーカーのタイヤと比較してややロードノイズ(走行音)が大きい傾向にあります。

タイヤのメーカーやグレードにもよるので一概には言えませんが、神経質な人は輸入タイヤの購入はやめたほうが良いかもしれません。

また、高級車は純正タイヤから静かなタイヤを装着している場合が多いので、輸入タイヤと比べると差が大きく感じるでしょう。

とはいえ、普段から車で音楽やラジオなどを聴く人ならそこまで気にはならないと思います。

こればかりは実際に装着してみないとわからない部分でもありますし、人によって感じ方は違うので、口コミなどを参考にしながらタイヤを選んでみてください。

 

店舗への送料は無料だけど個人宅への配送は有料

AUTOWAYを利用する際は、配送先が個人宅の場合に送料(1本あたり税込220円)がかかる点には注意してください。

タイヤの送料にしては安すぎない?と思う金額ではありますが、以前は個人宅あてでも送料無料だったので、余計な費用がかかるようになってしまいました。

ただし、配送先を店舗などにする場合は送料無料のままです。

ですから、特別な理由がなければ取付店舗にタイヤを直接送ったほうが良いでしょう。

その他、沖縄県や離島も送料が有料になるので、該当する人は注文時に送料の確認をして下さい。

 

ピット予約は便利だけど工賃は探せばもっと安いところはある

AUTOWAYからタイヤの取付店を予約できるのは便利で、工賃も持ち込みの価格にしては安いと思いますが、探せば工賃がもっと安いところはあります。

実際、AUTOWAYでは16インチのタイヤ交換工賃は2,420円/1本(税込)ですが、私が探して依頼したところは1,100円/1本(税込)でした。

上の画像がその時の明細ですが、バランス調整はもちろん、ゴムバルブ交換と廃タイヤ処理料をいれても合計6,820円。(持ち込みでこの値段は安すぎるw)

ちなみに、依頼したのはTAKAオートさん。東京、埼玉、千葉に店舗があるようなので、お近くの人はおすすめです!

『地域名 タイヤ交換 持ち込み 格安』とかで検索すればみつかると思うので、手間がかかっても安くタイヤ交換したい人は探してみてください。

相場としては、持ち込みで1本1,500円程度の工賃ならかなり安いと思います!(タイヤサイズによっても変わります)

自分で探したお店にタイヤを持ち込みする場合は、事前に直送していいか確認をとってから送るようにしましょう。

早めのタイヤ交換で安心、安全なカーライフを!

タイヤ交換は国産メーカーのタイヤが高いだけで、輸入タイヤを活用すれば安い値段で交換できます。

タイヤを交換しなきゃと不安な気持ちで車に乗り続けるより、安くても早めに交換したほうが安心ですよね?

たまに輸入タイヤは信用できないとか、危険だという人がいますが、溝のないタイヤや古くて固いタイヤを履き続けるよりは遥かに安全です。

安くても国際基準を通過しているタイヤなら安全性は問題ないので、早めにタイヤを交換する習慣をつけて安心、安全なカーライフを送ってください。

また、タイヤは定期的に交換する消耗品だからこそ、安く交換できれば車の維持費が大きく節約できます。

タイヤサイズにもよりますが、国産半額以下でタイヤ交換できる場合もあるので、浮いたお金で旅行にいけるかもしれませんよ!

私は周りにも整備士の友人が多くいますが、殆どが輸入タイヤを使い始めたら次もまた輸入タイヤをリピートしています。

それだけ輸入タイヤの性能は上がっていて、国産タイヤと比較しても気にならないということです。

もしタイヤ交換が高いと感じているなら、是非一度輸入タイヤをお試しください。

AUTOWAYの公式サイトはこちら

※追伸

最近は通販でタイヤ購入する人も増えてきたせいか、私のように欲しかったタイヤが在庫切れになることもあります。

在庫切れになったタイヤはすぐに入荷するとは限りません。

今在庫のあるタイヤでも、数日後には状況が変わっている可能性もあるので、在庫切れになる前に早めの注文をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました