1. TOP
  2. 洗車・コーティング
  3. ポリッシャーの使い方|磨きのコツやバフの選び方も紹介

ポリッシャーの使い方|磨きのコツやバフの選び方も紹介

ポリッシャーを使って車を磨くには技術が必要で、
素人が安易に使うと失敗する可能性は非常に高いです。

とはいえ、ポリッシャーを使えば手磨きよりも早く
広い範囲を磨くことができるため、それでも使い
たいという方は多いかもしれません。

そこで今回は、ポリッシャーを使った車の磨き方と
注意点を御紹介します。

必要な道具を揃えるところから解説しますので、
初めてポリッシャーでの磨きに挑戦する方は参考
にしてください。

Sponsored Link

ポリッシャーの種類

ポリッシャーには3種類あり、簡単にまとめると
以下のような特徴があります。

  • シングルアクション・・・一方向に回転し、研磨力が高い
  • ダブルアクション・・・回転に上下運動が加わり、研磨力は弱い
  • ギアアクション・・・シングルとダブルの中間的存在

また、ポリッシャーには電源式とコードレスの
充電式タイプがあります。

DIYだと電源の問題もあり、コードレスを選んで
しまいがちですが、パワーも弱く、1回の充電で
磨ける範囲が限られてしまうので、できるだけ
電源式のポリッシャーを選びましょう。

 


ポリッシャーの選び方

 

上記の3種類のうち、初心者におすすめの
ポリッシャーはギアアクションです。

ギアアクションのポリッシャーは研磨力もあり、
バフ目やオーロラマークも出にくいので、
傷消しや仕上げ、コーティングなどにも幅広く
使えます。

シングルアクションはプロ仕様のポリッシャーで、
研磨力がかなり高く、磨きはもちろん塗装後の
肌調整などにも良く使用されています。

シングルアクションは不慣れな方が使うと
ポリッシャーが暴れたり、下地やバフ目も
出やすいため、初心者のDIYには基本的に
おすすめしません。

一方、ダブルアクションは研磨力が弱く、
ポリッシャーが暴れることも殆どないので、
初心者の方も安心して使用できるでしょう。

しかし、その分研磨力が弱いため、仕上げや
ワックス、コーティングなどの塗布には向いて
いますが、傷を消したりするには不向きです。

とはいえ、洗車傷程度の薄い傷ならダブル
アクションでも問題なく消すことができます。

ギアアクションのポリッシャーは価格が高いと
いうデメリットもあるため、自分の用途に合わせて
適切なポリッシャーを選びましょう。

 

バフの種類

出典:Amazon

ポリッシャーにはバフを装着し、コンパウンドで
車を
磨きますが、バフも素材や目の荒さによって
種類が分かれています。

バフの種類は大きくウールバフウレタンバフ
(スポンジバフ)の2種類があり、素材によって
特徴が違います。

ウールバフは研磨力が高く、傷消しに向いている
バフで、大きく分けるとハードとソフトタイプに分かれます。

一方、ウレタンバフは研磨力が弱く、どちらかと
いえば仕上げ向きのバフです。

目の粗さもコンパウンドのように細かく分かれていて、
中目~超微粒子まであります。

コンパウンドと同じように目の粗いバフほど研磨力が
高いので、傷の深さや用途に合わせて使い分けが必要です。

また、バフは厚みにも違いがありますが、厚みで
研磨力が変わるわけではありません。

ポリッシャーの扱いに慣れていないと強くあてて
しまったり、斜めにあててしまって傷がついたりする
ことも多いので、基本的には厚い方が初心者向きです。

 

バフの選び方

まず、バフには大きさがあるので、ポリッシャーに
合わせて大きさを選ぶ必要があります。

ポリッシャーより小さいバフは問題外ですが、
大きすぎるバフも磨きの際に外れる可能性が
あるので注意して下さい。

目安としては、ポリッシャーより直径が3cm以上
大きいバフの使用は控えた方が良いでしょう。

また、バフは傷の深さや用途で選ぶ必要があり、
深めの傷や凹みを伴うイオンデポジットやウォーター
スポットを消したい場合はウールバフがおすすめです。

ハードタイプのウールバフはかなり研磨力が高く、
作業スピードは速くなりますが、磨き過ぎると下地が
出てしまうこともあるので、初心者の方は無難に
ソフトタイプを選ぶと良いかもしれません。

バフがソフトタイプでも、粗目のコンパウンドを使用
すればかなり高い研磨力になるはずです。

それ以外の小傷程度であれば、基本的にウレタン
(スポンジ)バフを選びましょう。

中目のウレタンバフなら研磨力もそれなりにあり、
使用するコンパウンド次第では傷消しにも充分使用できます。

洗車傷や全体的なくすみを取りたいときなども
ウレタンバフで全く問題ありません。

できれば目の粗さが違うバフを複数用意し、
車のボディーの状況に合わせて使い分けましょう。

 

ポリッシャー使い方

ポリッシャーを使った車の磨き方は、手磨きの
場合と基本的には変わりません。

確かに手磨きよりは早く広範囲を磨くことができ
ますが、一気に磨くことはせず、狭い範囲を少し
ずつ磨いていくのがコツです。

それでは、磨き方の詳しい手順や注意点などを
解説していきます。

 

車の磨きに必要な物

車の磨きに最低限必要な物は、

  • ポリッシャー
  • バフ
  • コンパウンド
  • 拭き取り用の布(マイクファイバークロスなど)
  • 電源コード
  • 防塵マスク

の6つです。

バフは傷の深さや使用するコンパウンドによって
使い分けるのが理想ですが、最低でも目が粗い
バフと細かいバフの2種類は準備しましょう。

磨きの作業中は目に見えないコンパウンドの粉や
削りカスなどが空気中に舞うため、吸い込まない
ためにも防塵マスクは必ずして下さい。

また、上記のもの以外にも、マスキングテープや
新聞紙、大きめのビニールなどがあると便利です。

これらは全てマスキングの際に必要なものです。

マスキングとは、コンパウンドが塗装面以外に
つかないようにその他の部分を覆い隠すことで、
細かい部分はマスキングテープ、ガラスなどの
広い面は新聞紙やビニールがあると便利です。

マスキングテープは太さ(幅)が色々あるので、
数種類準備しておくと良いでしょう。

 

磨き前の下準備(洗車)

車を磨く前には、洗車をしてボディーを綺麗に
しておきましょう。

また、粘土クリーナーなどを使用し、車についた
鉄粉の除去も行います。

鉄粉はポリッシャーで磨く際にバフが絡んだりして
傷がつくのを防ぐために落とします。

粘土で擦ると多少なりとも傷がつくので、磨きを
おこなわない箇所にはやらなくて大丈夫です。

洗車が終わったら、ボディーに残った水分を
しっかり拭き取り、基本的にボディー以外の部分は
全てマスキングします。

特にゴム部品や未塗装の樹脂パーツなどは
コンパウンドがついてしまうと落ちにくいので
注意して下さい。

 

ポリッシャーでの磨き方

ポリッシャーでの磨き方ですが、塗装面に平行に
バフをあて、均等な力で磨いていくのが基本です。

ポリッシャー自体がある程度重いので、必要以上に
強く押し付けたりする必要はありません。

ドアなどの部分はポリッシャーを垂直にあてますが、
ボンネットやルーフなどの部分と同じくらいの力が
かかるようなイメージで圧力をかけましょう。

斜めにバフをあてたりすると、力がかかり過ぎて
焼き付きを起こしたり、磨き傷やムラが発生する
原因になります。

特にボディーのプレスラインは一点に力がかかり
やすく、下地が出やすいので注意して下さい。

ポリッシャーの動かし方ですが、ゆっくりと隙間の
ないように縦、横へと動かしていきます。

一度に広い範囲を磨こうとせず、狭い範囲に分けて
少しずつ磨いていきましょう。

下記にダブルアクションのポリッシャーを使用した
磨き方の動画を貼っておきますので参考にして下さい。

 

失敗しない磨き方のコツ

ポリッシャーは広い部分を磨くには便利ですが、
細かい部分を磨くには向いていません。

細かい部分を無理にポリッシャーで磨こうとすると、
下地がでるなどの失敗に繋がるので、細かい部分は
手磨きすることをおすすめします。

また、磨きに慣れている方は粗目のバフやコンパ
ウンドを使用し、徐々に細かいものに変えて仕上げる
という使い方が一般的です。

しかし、細かい目のバフやコンパウンドから使用する
ほうが下地がでるなどの大きな失敗はしません。

ですから、バフやコンパウンドの研磨力が把握できて
いないうちは、細かい目のものから使用し、傷が消えな
ければ少し粗い目を使う方法で磨くことをおすすめします。

 

まとめ

ポリッシャーの使い方は種類によって難易度が
全然違います。

洗車傷などの細かい傷やボディーのくすみを
綺麗にしたいならダブルアクション、コンパウンドで
本格的な傷消しをしたいならギアアクションの
ポリッシャーを選ぶと良いでしょう。

シングルアクションのポリッシャーと違って比較的
簡単に使用できるので、是非挑戦して車をピカピカ
に磨いてみて下さい。

せっかく車を磨いたならコーティングも忘れずに
おこなっておくと良いかもしれませんね。

また、ポリッシャーを使う際には、傷の状態にあった
コンパウンドを使用しなければなりません。

コンパウンドの使い方やおすすめのコンパウンドは
下記の記事にまとめてありますので、興味のある方
は併せて参考にして下さい。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

エンドラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エンドラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yasu

yasu

自動車整備士として車業界に15年以上携わり、修理の知識はもちろん車の売買からコーティングのことまで幅広い知識を生かして記事を執筆中。国家資格の整備士免許だけでなく、中古車査定士などの資格も取得しています。

    関連記事

    • オートバックスの洗車料金は高い?手洗いや洗車機のメニュー、予約方法などについて

    • 新車にコーティングは本当に必要?しなくても車を綺麗に保つ秘訣!

    • 車のタイヤ交換の正しいやり方|自分でやる時の危険性と注意点

    • 車のイオンデポジットやウォータースポットを除去する方法!

    • ヘッドライトの曇りや黄ばみができる原因と解決方法!

    • 手洗い洗車のやり方|初心者でもキレイに洗うコツや手順、道具や洗剤の選び方など!