中古車を購入するなら安い時期はいつ?おすすめのタイミングや新車との違い!

車の購入

車を購入する際に、値引き交渉をすることは当たり前といっても良いくらい一般的です。車を少しでもお得に購入するためには、交渉術も重要ですが、値引き額が大きくなりやすい時期というものがあります。

新車を購入するなら決算期である3月が最もお得に購入できる時期というのは多くの方が御存知のことでしょう。

しかし、中古車の場合はどうでしょうか?実は、新車と中古車では、お得に購入できる時期が異なります。

ここでは、

  • 新車をお得に購入できる時期と注意点
  • 中古車をお得に購入できる時期と注意点
  • これだけはやっておきたい値引き交渉時のポイント

などについて御紹介していきます。車を購入する際の参考にして下さい。

スポンサーリンク
電話も査定もたった1回!コロナ禍でも人気の車買取比較サービス!

車を高く売るために何社も比較したいけど、できるだけ人との接触回数を減らしたい・・・そんなあなたにぴったりなのがユーカーパックです。
なぜなら、ユーカーパックは電話も査定も1回のみ。
8000社以上が加盟しているオークションに無料で出品できるので、査定後はオークションの結果を見守るだけです!
一括査定が面倒という方にもおすすめなので、まだ利用したことがない方は是非お試しください。

中古車を購入するなら安い時期はいつ?

中古車は新車とは違い、1台1台状態も違いますし、お店毎に仕入れ値もバラバラで定価がありません。

ですから、中古車の価格は市場の需要と供給に左右されがちで、安い時期を狙って購入すればお得に中古車が購入できます。

では、どんな時期が中古車を安く買えるかについて御紹介します。

 

中古車を安く買うなら需要が少ない時期が狙い目!

新車の場合は、元々の仕入れ価格が同じなので、需要によって大きく価格は変わりません。

しかし、中古車の場合は、基本的にオークションを通して売買されるので、需要が多くなれば入札も多くなります。

その結果、いつもより仕入価格が上昇し、販売価格も普段より高くなってしまうのです。つまり、中古車をお得に購入したいなら需要の少ない時期が狙い目ということです。

具体的には、車が売れるピークである3月を過ぎた4月~5月頃が狙い目でしょう。この時期は、ディーラーがノルマ達成のために自社で購入した車も中古車市場に流れます。

新古車が比較的多く出回りやすい時期でもあるので、新古車を狙っている方にもおすすめです。

その他には、年式が1年下がる1月や、モデルチェンジ後の車は相場が下がるのでお得に購入するチャンスですよ。

 

中古車が安い時期を狙う時の注意点

中古車は需要の少ない時期に安く購入できる傾向にありますが、需要の多い時期に比べて市場に出回る台数も少なくなってしまいます。

中古車は1台1台車の状態が違うので、探している条件の車が見つかりにくいという点には注意が必要です。

絶対に妥協したくない条件がある方や、細かい条件があるという方は、少し高くても市場に多くの中古車が出回る時期のほうが良い場合もあります。

また、需要が少なくても売れるような人気の車種はあまり価格が下がらない場合も多いです。

中古車との出会いは『一期一会』です。自分が探している車に巡り合うことができたなら時期に拘らず購入に踏み切っても良いと思います。

スポンサーリンク

新車をお得に購入できるおすすめ時期はいつ?

新車は中古車と違い、車の状態が全く同じなので、単純に価格だけで比較できます。

新車を少しでもお得に購入したいのであれば、値引き交渉だけでなく、値引き額が大きくなりやすい時期を狙うというのも大切です。

では、具体的にいつがお得に購入できる時期なのでしょうか?

 

新車をお得に購入したいなら3月がおすすめ!

新車の値引き額が大きくなりやすい時期は、多くのメーカーやディーラーの決算期である3月です。

この時期は最も車が売れる時期でもあり、年間の業績を少しでも良くするために、どのディーラーも新車販売に一番力を入れているはずです。

また、メーカーとディーラー間では、販売台数に目標(ノルマ)が設定されています。この目標を達成できれば、新車販売時の利益とは別に報奨金が支給されるので、ディーラーの大きな収益源となります。

決算期である3月は、目標達成に向けてのラストスパートの時期であり、値引きを大きくしてでも販売台数を伸ばしたい時期なのです。

その他には、中間決算となる9月や、四半期毎の区切りとなる6月や12月も値引きしやすい時期と言えます。

しかし、いずれも3月ほど積極的に値引きを行うことは少なく、タイミングが合うなら3月に購入するのがおすすめです。

 

新車がお得な時期を狙うときの注意点

値引き額が大きくなる3月の中でも、月末に近付くほど値引きしやすくなると考える方は多いでしょう。

しかし、販売台数の実績としてカウントされるのは、月末までに登録が完了した車になります。

特に最近は受注生産の車が多いので、納車が1ヶ月近く先になるという場合も多く、購入するタイミングには注意が必要です。

車の登録には車庫証明が必要ですから、最短でも1週間程度はかかります。3月は車の販売台数も多くなるので、通常より手続にも時間がかかると思ってください。

ギリギリを狙っていくと、登録が間に合わないこともあり、そうなれば積極的に値引きは行わないかもしれませんので注意しましょう。

余裕を持って検討するなら2月頃から、遅くとも3月の上旬には購入を決めるようにしたいところですね。

 

買い替えの場合は相場の変動に注意

3月がお得な時期だからといっても、全ての人がその時期まで購入を待ったほうが良いかと言えばそうとも言えません。特に、既に車を持っている方の場合は売却する車の相場変動に注意しましょう。

いくら新車の価格が値引きできたとしても、今乗っている車の価値が下がってしまえばその分損をすることになります。

月単位でそこまで変わることはないですが、年式が1年変わると大きく変わることも多いです。ですから、年が変わる前に乗り換えてしまうという選択肢も検討しましょう。

また、その車種がモデルチェンジやマイナーチェンジを行うと、買い取り相場も大きく変動します。

基本的に車は、時間が経過するほど価値が下がるので、新車の値引き金額だけでなく、今乗っている車の査定価格も考慮して判断するようにしましょう。

スポンサーリンク

車の購入時にやっておきたい値引き交渉時のポイント

車をお得に購入したいなら、値引き交渉は避けて通れません。とは言っても、車に詳しいわけでもなく、値引き交渉も苦手という方は多いでしょう。

値引き交渉が苦手な方でも、これだけはやっておいた方が良いということがいくつかあります。手間はかかりますが、特に技術が必要なことではないので是非やってみて下さい。

 

複数の見積もりを取って比較する

車以外にも言えることですが、比較するものがあると値引き交渉もしやすくなります。

新車の場合でしたら、

  • 販売チャネルの異なる同じ車種で比較する
  • 他メーカーのライバル車種と比較する

ということができます。

ディーラーは販売チャネルが変われば会社も変わるので、同じ車種でも比較する意味はあります。

基本的には違う車種を扱っていますが、人気の車種などは複数のチャネルで販売されていることもあるので、その場合は比較してみましょう。

中古車の場合は、全く同じ条件の車はまずありませんので、似た条件の車で比較しましょう。

購入の意思があり、どちらかで迷っているということが相手に伝われば、最後の一押しで値引きをしてくれる可能性は高いです。

 

下取りの前に買取査定をする

車を購入する際に、今乗っている車を下取りに出す方は多いと思います。下取りに出せば面倒な手続きが一箇所で済むため、確かに楽ではあります。

しかし、今の車にどのくらいの価値があるのか把握していなければ、相場よりも安く買い取られてしまいます。

特にディーラーは買い取りに積極的ではないので、下取り価格も相場より低めに設定されているはずです。

少しでも高く車が売れるということは、値引き額が増えたのと同じ意味になります。お得に車を購入したいのであれば、事前に買取査定をして相場を把握しておくことは必須です。

また、下取りや買取の査定に行くときは、事前にある程度の相場を調べて知っておきましょう。

買取の相場を知らないと査定を受けても価格の正当性が判断できず、安く買い叩かれてしまう可能性が高いので注意してください。

 

相場を知らないと勘違いして損をする!

新車を購入する際に、下取りの車があると、値引き交渉が少し複雑になります。そのうえ相場を知らなければ、損をする場合も多いです。

なぜなら、下取りの金額があると、とても大きく値引きしてもらったように感じるからです。

例えば、値引き交渉の際に、「車の値引きはこれが限界ですが、下取りをもう少し頑張ってみます」
といったような言葉は良く耳にするでしょう。

下取り価格が上乗せされれば、その分持ち出しの金額が減るわけですから、お得に聞こえますよね?

しかし、これはディーラーの営業マンがこれ以上値引きされないために良く使うテクニックの1つです。

実際は、予め低めに設定していた下取り価格を元に戻しただけで、ディーラー側は全く痛くありません。

買取査定をして相場を知っていれば、このようなテクニックに振り回されずに値引き交渉が出来ます。

そもそも、ディーラーは車を売るために下取りをしているだけで、その下取り価格は、買取専門店などよりも低めに設定されていることが殆どです。

他社の買取価格と比較するには手間がかかりますが、比較するだけの意味はあると思います。

仮に比較してディーラーの下取りの方が高くても、そのまま下取りに出せば良いだけなので、一度査定を受けておくことは得しかありません。

買取査定からあまり期間が空いてしまうと価値が変わる可能性があるので、査定を受けたらすぐに行動することをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?車をお得に購入できる時期は、新車なら2~3月、中古車なら4~5月頃が狙い目です。

値引き交渉を有利に進めるためにも見積りを比較したり、予め買取査定を受けて相場を把握しておくことが大切です

これだけやっておけば、車にそれほど詳しくなくてもお得に車を購入できるはずなので、是非実践してみて下さいね。

買取査定は面倒という方も多いと思いますが、ユーカーパックなら一回の査定で済みます。オークション形式で最大5000社から入札され、一括査定とは違って何社もやり取りする必要がありません

一番高く買い取ってくれるところがすぐに見つかるので、手っ取り早く相場を知りたい時にもおすすめですよ♪

また、中古車購入の際には、非公開車両を含めて探した方が、希望条件にあった車やお得な車が見つかりやすいです。非公開車両って何?という方は、下記の記事も参考にしてみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました