車検でブレーキオイルを交換しないと損をする?費用が安くなる理由とは?

車検

ブレーキオイル(フルード)はブレーキを正常に動かすために必要不可欠で、トラブルを避けるためにも定期的な交換が必要です。

通常は車検の際にブレーキオイル交換をする場合が多く、多くの車検業者では車検時に交換すると費用も少し安くなります。

必ずしも車検と一緒に交換する必要はありませんが、車検以外で交換を依頼すると損をしてしまうかもしれません。

ここでは、車検時と通常時でブレーキオイル交換の料金が違う理由や交換の目安などを御紹介します。

スポンサーリンク
電話も査定もたった1回!コロナ禍でも人気の車買取比較サービス!

車を高く売るために何社も比較したいけど、できるだけ人との接触回数を減らしたい・・・そんなあなたにぴったりなのがユーカーパックです。
なぜなら、ユーカーパックは電話も査定も1回のみ。
8000社以上が加盟しているオークションに無料で出品できるので、査定後はオークションの結果を見守るだけです!
一括査定が面倒という方にもおすすめなので、まだ利用したことがない方は是非お試しください。

ブレーキオイル(フルード)は車検で交換するべき?

ブレーキオイルは定期的な交換が必要で、車検時に交換しておくことをおすすめします。

なぜなら、ブレーキオイルはエンジンオイルのように見た目では交換時期が分かりづらく、車検時に交換すると費用も安く済む場合が多いからです。

ブレーキオイルは車の油圧式ブレーキを作動させるために必要不可欠なオイルで、劣化したまま使用しているとブレーキの効きも悪くなります。

最悪の場合、走行中に突然ブレーキが効かなくなる可能性もあり、重大な事故につながる危険性があるということは認識しておきましょう。

ブレーキオイルは吸湿性が非常に高く、空気に触れた瞬間から空気中にある水分を吸収して劣化が始まります。

劣化したブレーキオイルは沸点が下がり、ベーパーロック現象を起こしやすくなるため、特に高速走行やブレーキを多用する山道などの走行には注意してください。

電球補足
ベーパーロック現象とは、ブレーキオイルが加熱されたことで沸騰し、発生した気泡によって圧力がかからなくなり、油圧式ブレーキが正常に機能しなくなる現象のこと。

 

ブレーキオイルは見た目で劣化が判断しづらい

ブレーキオイルは元々透明、もしくはやや黄色っぽい半透明の色をしていて、汚れや劣化によってく茶色や黒などの濁った色に変色します。

ブレーキオイルはエンジンルーム内にあるマスターシリンダの上部にリザーブタンクが付いていて、目視で量や色を確認することは可能です。

しかし、ブレーキオイルはエンジンオイルのようにグルグルと循環しているわけではありません。

リザーブタンクから4輪にあるホイールシリンダへとブレーキホースやパイプを通してオイルが送られていますが、汚れたオイルはそのままホースやパイプ内に残っている場合が多いです。

つまり、リザーブタンク内のブレーキオイルがまだそれほど汚れていなかったとしても、ブレーキホースやパイプ内に残っているオイルはかなり汚れているということ。

リザーブタンク内のオイルが汚れてきたら交換するのはもちろんですが、普段は見えないブレーキホース内やパイプ内のオイルのことも考えて定期的に交換しておく必要があります。

 

ブレーキオイルは車検時だと少し交換費用が安くなる

車の整備にかかる工賃は、作業点数(その作業にかかる時間を数字で表したもの)で決まりますが、実は作業点数の殆どは車検時のほうが低く設定されています。

なぜなら、車検で行う点検作業が元々あるので、そのついでに他の作業をおこなうことができるからです。

もう少し具体的に説明すると、ブレーキオイルを交換するにはタイヤを外す必要があり、通常だとその分の工賃もブレーキオイル交換には含まれています。

しかし、車検時だと24ヶ月点検にタイヤの脱着工賃は既に含まれているので、ブレーキオイル交換の工賃はその分安くなるのです。

とはいえ、作業点数は整備振興会が基準値を出してはいるものの、最終的に工賃を決める権利は各業者にゆだねられています。

多くの業者は通常時と車検時で工賃を変えていると思いますが、どちらも同一の工賃を設定しているところもあるでしょう。

必ずしも車検時のほうが安いとは言えませんが、車検時のほうが費用が安く済む可能性が高いため、ブレーキオイル交換は車検と一緒に交換しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

ブレーキオイルの交換時期

ブレーキオイルの交換は2年~3年毎の交換が推奨されています。乗用車の場合は2年毎に車検があるので、車検のタイミングでブレーキオイルを交換しましょう。

普段あまり車を乗らないという場合は、2年経ってもブレーキオイルが綺麗なままということがあると思います。

とはいえ、空気に触れた時点でブレーキオイルの劣化は始まっていますし、先ほども説明したようにホースやパイプ内のブレーキオイルは汚れているかもしれません。

すぐにブレーキが効かなくなるというものではありませんが、安全のためにもできれば車検毎、遅くとも4年に1度はブレーキオイルの交換を必ずしておきましょう。

また、1度ベーパーロック現象を起こしてしまった場合は、ブレーキオイル内に気泡が発生しています。時期や汚れ具合に関わらず、ただちに交換して下さい。

極端に走行距離が多い場合も、ブレーキオイルの汚れ具合をみて早めに交換することをおすすめします。

 

ブレーキオイルの量が減ってきたらブレーキパッド交換の合図

ブレーキオイルの量は漏れない限り基本的に減りませんが、ブレーキパッドの残量によってリザーブタンク内のオイル量は増減します。

なぜなら、ブレーキパッドの残量が減ってくると、その分ホイールシリンダのピストンを押し出さなくてはいけないので、リザーブタンクから送るブレーキオイルの量が増えるからです。

つまり、リザーブタンクの量が減ってきたらブレーキパッドの交換時期も近いということ。ブレーキオイルが漏れている可能性もあるので、一応ブレーキ周りも点検してもらってください。

ブレーキパッドの残量を点検してもらい、減っているようならブレーキパッドを交換しましょう。その際ブレーキオイルも一緒に交換すると、車検時と同じように少し安く済むはずです。

スポンサーリンク

ブレーキオイルはDIYで交換できるのか?

ブレーキオイルの交換は難しい作業ではありませんが、1人でやるには特殊な工具(道具)が必要だったり、やり方を間違えればブレーキが効かなくなる危険な作業です。

最近の車はABSが付いている車も多くなっているため、ブレーキに関しても電子制御していて、特にハイブリッド車などの一部の車種は昔ながらの交換方法が通用しません。

安易にやろうと思うとブレーキがスカスカになってしまい、復旧にはコンピューターを接続しなくてはいけない場合もあるので注意してください。

DIYでやるにはややハードルの高いブレーキオイル交換ですが、プロに依頼しても実はそこまで費用は高くありません。

どうしても自分でやってみたいという場合以外は労力に見合わないことが多いので、ブレーキオイルの交換は素直にショップへ依頼することをおすすめします。

スポンサーリンク

ブレーキオイル交換の費用

ブレーキオイルの交換費用はお店によっても結構違いがあり、安いところだと4~5千円前後でできますが、高いところだと1万円前後かかってしまいます。

例えば、大手のカー用品店だと、

  • オートバックス・・・4,000円~(フルード込)
  • イエローハット・・・3,000円~(フルード別)

となっていました。(価格は税抜)

イエローハットのように、基本的にはオイル代と工賃は別になっているところが多いと思います。ブレーキオイルは1Lあたり1,000~1,500円くらいが相場です。

使用する量は1L程度なので、工賃にプラスして1,000円程度の費用がかかると思ってください。オートバックスはオイル代込みなのでかなり安いかもしれないですね。

上記の料金はブレーキオイル交換を単体で依頼した場合の料金で、車検やブレーキパッドなどの作業と一緒に交換する場合はそれぞれ別々でやる場合より少し安くなる可能性があります。

ちなみに、ブレーキオイルには規格があり、どの店舗もしっかり規格に合格したオイルを使用しているので、レースで使用するとかでなければどこで交換しても基本的には同じなので安心して下さい。

このように、ブレーキオイルの交換は安いところならフルード代込みで5千円程度あればできてしまいます。

DIYでやる場合は道具を揃えたり色々大変なので、安いところを探してプロに交換してもらいましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ブレーキオイルは定期的な交換が必要で、安全のためにも車検毎に交換するのがおすすめです。

車検時に交換すると、別途ブレーキオイルだけを交換するときより工賃が安くなることも多いので、後回しにする場合は費用の変化に注意してください。

また、ブレーキオイルをDIYで交換しようとする方もいますが、特に最近の車はやり方も特殊になっているのであまりおすすめしません。

プロに頼んでもそこまで高くないですし、道具を揃えたりするとDIYのほうが高くつく場合も多いと思います。

どうしてもやってみたいなら止めはしませんが、万が一ブレーキが効かなくなってしまったときのことも考えて準備しましょう。

ちなみに、車検もどこに依頼するかでかかる費用が大きく変わります。

近くにどんな車検業者があるかわからない方や、安く車検を済ませたい方は楽天車検を使うと簡単に近くの車検業者を探せるので便利ですよ。

詳しくは下記の記事にもまとめてあるので、興味のある方は参考にして下さい。

楽天車検の口コミ評判!デメリットやポイント以外のメリットは?
楽天車検の口コミや評判をまとめました。また、楽天車検の特徴や楽天ポイントが貰える以外のメリットは何か、利用することによってデメリットはないのか、などについても解説しています。利用方法についても簡単に紹介していますので、初めて楽天車検を使う方は参考にして下さい。
タイトルとURLをコピーしました