車検にかかる費用は最低いくら?どこに頼めば安くなる?

車検
アイキャッチ画像

車検は基本的に2年、もしくは1年毎に必ず受けなければならないもので、ある程度のまとまった金額が必要になります。

少しでも安く車検を受けたいと考える方は多いと思いますが、車検にかかる費用は車種によっても違うため、最低いくらかかるのか分からない方も多いでしょう。

また、内訳をみても業者によって費用の名称が違う場合があるため、比較するときにどこを比較すれば良いのか分からないという方も多いと思います。

そこで今回は、車検にかかる費用の内訳を具体的な車種を例に挙げて解説します。少しでも安く車検を受けたいと考えている方は参考にして下さい。

スポンサーリンク
電話も査定もたった1回!コロナ禍でも人気の車買取比較サービス!

車を高く売るために何社も比較したいけど、できるだけ人との接触回数を減らしたい・・・そんなあなたにぴったりなのがユーカーパックです。
なぜなら、ユーカーパックは電話も査定も1回のみ。
8000社以上が加盟しているオークションに無料で出品できるので、査定後はオークションの結果を見守るだけです!
一括査定が面倒という方にもおすすめなので、まだ利用したことがない方は是非お試しください。

車検にかかる費用は最低いくら?

車検にかかる費用の内訳を解説すると、法定費用や車検基本料金(点検料)、整備費用や手数料に分かれます。

法定費用には、自動車重量税、自賠責保険料、印紙代の3つが含まれ、車種毎に料金は変わりますが、どこに車検を依頼しても法定費用は変わりません。

電球補足
厳密に言えば、認証工場か指定工場かの違いで印紙代のみ数百円変わります。

自分で車検場に車を持ち込むユーザー車検であれば、車検にかかる最低限の費用はこの法定費用のみです。

ただし、車検には24ヶ月点検をおこなう義務があるため、自分で点検するか別途費用を払って業者に点検してもらう必要があります。

ユーザー車検をする人の中には点検をせずに終わらせてしまう方もいるようですが、思わぬ事故に繋がる危険性もあるので絶対にやめましょう。

24ヶ月点検の料金は車種や業者によって違いますが、15,000円~30,000円くらいが相場です。ユーザー車検に挑戦してみたいという方はこちらの記事も参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

車検業者に依頼する場合の最低費用

自分で車検を通すユーザー車検はややハードルが高く、ディーラーや整備工場などの車検業者に依頼する場合が殆どでしょう。

車検業者に依頼する場合、法定費用以外にかかるのが車検基本料金(点検費用)や整備費用、代行手数料などの費用です。

整備費用は特に問題がなければ発生しないので、最低限かかる費用は法定費用+車検基本料金+手数料ということになります。

車検基本料金は基本的に24ヶ月点検の費用を指しますが、業者によっては検査料や代行手数料が含まれている場合があり、金額も表示の仕方もバラバラです。

例えば、ガソリンスタンドでは基本料金に検査料を含めている場合が多く、ディーラーなどは全て別々に表示している場合が多くなっています。

分かりにくいと感じるかもしれませんが、比較する場合は見積り金額からどこでも変わらない法定費用を引いた金額で比較すればよいだけです。

ただし、整備の内容は業者によって見積りの内容が変わる場合も多いので、交換が必要な部品の説明などを良く聞いて比較して下さい。

スポンサーリンク

【車種別】法定費用の内訳

法定費用に含まれる重量税や自賠責保険料は車種によって金額が違います。以下に一覧表を用意したので自分の車の法定費用がいくらか確認してください。

【重量税の一覧表】

重量税は車両重量で決まり、軽自動車は一律、普通車は500kg毎に金額が上がっていきます。車検証に記載されている車両重量を確認し、重量税がいくらかかるか調べて下さい。

電球補足
車検証には車両重量と車両総重量がありますが、重量税は車両重量で決まります。

また、エコカーの場合は重量税が安くなりますが、車種によっては初回(新車登録時)や2回目の車検時にかかる重量税が免税、または減税される場合があります。

自分の車がエコカーに該当するか分からない場合は、国土交通省の減税対象自動車一覧ページで確認してください。

エコカー基本13年経過18年経過
軽自動車5,000円6,600円8,200円8,800円
0.5t以下5,000円8,200円11,400円12,600円
0.5~1.0t以下10,000円16,400円22,800円25,200円
1.0t~1.5t以下15,000円24,600円34,200円37,800円
1.5t~2.0t以下20,000円32,800円45,600円50,400円
2.0t~2.5t以下25,000円41,000円57,000円63,000円
2.5~3.0t以下30,000円49,200円68,400円75,600円

 

【自賠責保険料の一覧表】

乗用車の場合、自賠責保険料は軽自動車と普通車の2つに分かれていて、どの保険会社でも保険料は同じです。

自賠責保険は最低1ヶ月から加入できますが、車検時には車検満了日よりプラス1日以上有効な自賠責保険が必要になります。

指補足
自賠責保険は昼の12時が満期となるため、車検満了日当日が期限の自賠責保険だと車検に通りません。

車検が切れていない場合は24ヶ月で加入すれば問題ありませんが、車検切れで自賠責も切れている場合は25ヶ月で加入しなければならない点には注意してください。

24ヶ月25ヶ月
普通車21,550円22,210円
軽自動車
(検査対象車)
21,140円21,780円

※沖縄県や離島などの一部の地域は料金が異なります。上記は2020年4月~2021年3月の料金です。

また、自家用車でも貨物自動車の場合は自賠責保険の料金が別で設定されています。料金が車両重量ではなく最大積載量で変わる点には注意してください。

貨物自動車の場合は車検の有効期間が2年、もしくは1年です。車検切れでなければ基本的には24ヶ月、もしくは12ヶ月の自賠責保険に加入しましょう。

12ヶ月13ヶ月24ヶ月25ヶ月
自家用普通貨物自動車(最大積載量2t越え)22,570円23,990円39,680円41,080円
自家用普通貨物自動車(最大積載量2t以下)20,370円21,620円35,330円36,560円
自家用小型貨物自動車15,050円15,860円24,790円25,580円

※沖縄県や離島などの一部の地域は料金が異なります。上記は2020年4月~2021年3月の料金です。

スポンサーリンク

車検はどこに頼めば安くなる?

結局のところ、車検はどこに頼めば安くなるのかということですが、結論から言えば車検専門店やカー用品店、ガソリンスタンドなどに車検を依頼すると安くできるでしょう。

これらの車検業者は比較的工賃の設定が安いので、同じ作業をしても安く済む場合が多いからです。

民間車検場を含めた一般の整備工場も安いところは安いですが、店舗によって差が大きいので一概に安いとはいえません。

車検に力を入れているところは安くできる場合も多いので、実際に見積りをとってみて判断して下さい。

一方、ディーラーの車検はメリットもありますが、金額面で言えばかなり高くなります。

車検は24ヶ月点検が義務付けられていて、その点検項目も国から定められているため、車検の内容自体はどの業者も殆ど変わりません。

確かに業者によっては+αで点検項目を増やしていますが、ディーラー並みの点検を実施しても料金が安い業者は多くあります。

安い業者と比較すると車検費用が数万円変わる場合もあるので、候補を何店舗か選んで見積りをとって比較してみましょう。

下記の記事では各車検業者の特徴を解説しています。自分にあう車検業者が分からない、どこに出せば良いか分からないという方は参考にしてください。

スポンサーリンク

車検業者を選ぶ時の注意点

車検費用の安さだけを重視してしまうと、適当な点検をしてただ車検に通すだけの業者を選んでしまいがちです。

まずは見積りをとり、見積りの内容や対応なども良くチェックして、信頼できる業者に車検を依頼することをおすすめします。

良い車検業者であれば、車の状況を見て交換しなければいけない部品や必要な整備についてしっかり説明してくれるはずです。

車検費用を抑えたいと相談すれば、ただ安くするために何もしないのではなく、今すぐやらなくてはいけない整備とそうでない整備を分類してくれるでしょう。

逆に、見積り時にしっかり車をチェックしない車検業者は後から追加で整備が必要になったりする場合が多いので注意してください。

安いから車検を頼んだのに、結局のところ追加整備で高くなってしまうなんてこともあります。

また、近くにどんな車検業者があるか良く分からない方は楽天車検がおすすめです。

楽天車検なら近くの車検業者もすぐに探せますし、利用者の口コミなども事前にチェックできるので、初めて利用する店舗を調べる時にはかなり便利だと思いますよ。

>>>楽天車検の公式サイトはこちら

スポンサーリンク

まとめ

車検は高いイメージがあるかもしれませんが、最低限かかる法定費用をみてみると分かるように、費用の大部分は重量税などの税金です。

車検業者に依頼する場合は法定費用に点検の料金や代行手数料などがプラスされるので、特に整備する箇所がなければ最低料金の相場は法定費用+2万円~4万円程度になります。

基本的な車検の内容はどの業者もほぼ同じなので、安い車検業者を探すときは法定費用以外の部分で比較し、信頼できるところにお願いしましょう。

また、もっと車検の費用を安く抑えたいならユーザー車検に挑戦してみるのも良いかもしれません。車検がどのように行われているか知ることができるので、良い経験にもなると思います。

ただ、車の知識が殆どなく、自分で点検ができない場合は別途24ヶ月点検を業者に依頼することになるため、労力とメリットが合わないと感じる方が多いはず。

節約のために点検をせずに乗り続けるのは、事故につながる危険性もあるので絶対にやめましょう。ユーザー車検について詳しく知りたい方は下記の記事も参考にして下さい。

タイトルとURLをコピーしました