カーリースは審査不要のところもある?ブラックでも借りられる車サブスクを紹介!

車の購入

カーリースはリース契約を結んで車を借りることになるため、基本的には車をローンで購入するときのように審査があります。

カーリースの審査は特別厳しいわけではないですが、過去に支払いを延滞していたり、債務整理や自己破産などでいわゆるブラックリスト入りしてしまった方は難しいでしょう。

しかし、中には審査不要で車を借りることができるサービスや、審査が不安という方のために自社リースをおこなっているところもあるようです。

ここでは、カーリースを利用するにあたって審査が不安という方や、既に審査に落ちてリース契約を結べなかった方のために、自社リースを扱うサービスや審査不要のサービスを御紹介します。

スポンサーリンク
『え、買うより安くない?』車のプロも驚くカーリース!

カーリースは高いイメージがありますよね?
私もそうでした・・・このカーリースを知るまでは。
これなら新車を3年毎に乗り換える生活も夢ではありません!
車のプロも利用したいと思えるカーリース。その仕組みやメリット、デメリットを解説します。

カーリースは審査不要で借りられる?

カーリースとは、リース会社が購入した新車や中古車を毎月一定の金額を支払うことで借りられるサービスです。

カーリースの契約は基本的には年単位で、契約完了時の残価(車の価値)を予測したうえで利用料金を設定します。

例えば、200万円の新車を3年間のリース契約で借りる場合、3年後の残価が100万円なら残りの100万円を3年間で支払う形です。

このように、リース会社は車を貸し出すことで購入費用を回収しているため、利用者が毎月支払いをしてくれるかはとても重要になります。

ですから、カーリースを利用する際は最初に支払い能力があるかどうか審査し、基本的にその審査に通らなければカーリースを利用することはできません。

 

審査に不安がある方向けの自社リースや審査不要のサブスクもある

カーリースを利用するためには、事前の審査をパスする必要があります。この審査をおこなうのは、クレジットカードの申込みなどと同じように信販会社です。

ですから、安定的な収入がなかったり、信用情報に傷がついている方(支払いの遅延や自己破産、債務整理歴など)は審査におちてしまうかもしれません。

仮に審査に落ちても理由は教えてもらえないので、明確な審査基準はわかりません。会社が変われば審査に通る可能性もありますが、一度落ちれば他社でも落ちてしまうケースが多いでしょう。

ただし、中には審査に不安がある方に向けて、信販会社を通さず独自の基準で自社リースをおこなっている会社もあります。

また、カーリースと同じように毎月定額で車を借りられるサブスクリプションサービスがあり、いくつかのサービスはクレジットカードさえあれば審査不要で車を借りることが可能です。

カーリースを利用したくても審査に通らなかったという方は、このようなサービスを選べば車を借りることができるかもしれません。

スポンサーリンク

審査が不安な方でも借りられるカーリース&サブスクサービス

カーリースを利用したくても審査が通らない、過去に延滞などがあって審査が不安という方でも借りられる可能性が高いサービスをいくつか紹介します。

100%利用できるのかどうかはわかりませんが、試してみる価値はあるので是非利用してみて下さい。

ちなみに、これから紹介するカーリースやサブスクには、クレジットカードで支払うタイプのものがあります。

もし、クレジットカードを持っていないという方は、かなり審査が甘いといわれるライフカードデポジットがおすすめです。

審査に不安があるという方向けのクレジットカードなので、もしカードが作れなくて困っているという方がいれば申込みしてみて下さい。

 

新車が定額で乗れる!自社ローンを扱うリースナブル

リースナブルは国産車の新車を扱うカーリースで、3年もしくは5年プランで毎月の支払いを低価格に抑えながら新車に乗ることが可能です。

リースナブルは信販会社を通さない自社リースもおこなっていて、他社の審査に落ちてしまった方や審査に不安がある方でも利用できます。

リースナブルは全国対応可能ですが、自社リースに対応できるエリアは首都圏・東海・関西に限られているので注意してください。

また、リースナブルは途中解約や改造などにも柔軟に対応してくれるサービスですが、契約完了時に車を再度査定し、最初に設定した残価との差額を精算しなければなりません。

残価を高く設定すればするほど月額料金は安くなりますが、その分精算金額も高くなる可能性があるため注意が必要です。

リースナブルの公式サイトはこちら

 

条件はいくつかあるけど審査不要で1ヶ月~借りられるニコリース

ニコリースは最短1ヶ月から利用できる車のサブスクサービスで、掲載されている中古車から好きな車を選んで借りることができます。

ニコリースは信販会社の審査不要で車を借りられますが、その代わりに連帯保証人が必要です。その他メンテナンス費用も月額料金に含まれているというのもニコリースの特徴になります。

ただし、車両準備費用として1ヶ月分の料金が必要だったり、車庫証明書が別料金になっていたりするため、他社より初期費用がかかる点には注意しましょう。

また、支払い方法はクレジットカード(VISA、MASTERのみ)と現金での一括前納の2種類があり、クレジットカードの場合は1ヶ月毎の自動更新になります。

一括前納の場合は最初に敷金として5万円が別途必要で、利用期間の延長や途中解約に手数料がかかるので注意してください。(敷金は車に問題がなければ返却時に戻ってきます)

対応エリアは関東全域ですが、山梨・静岡に関しては一部の地域のみとなっているため詳しくはその都度確認してください。(2020年12月現在)

ニコリースの公式サイトはこちら

 

1ヶ月から気軽に借りられるHondaマンスリーオーナー

Hondaマンスリーオーナーはホンダの中古車が定額で乗れるサブスクサービスです。基本的には短期利用を想定していて、1ヶ月~11ヶ月未満で利用できます。

Hondaマンスリーオーナーは、最初の会員登録時に簡単な審査はあるものの、車を借りる時の審査はありません。

会員登録には免許証とクレジットカードが必要で、クレジットカードさえあれば基本的に誰でも登録できるはずです。

また、Hondaマンスリーオーナーは任意保険料まで料金に含まれているのも特徴の1つ。これまで自分名義で任意保険に加入している方は、等級が引き継げないというデメリットはあります。

一方、新規の方や等級が低い方にとっては、わざわざ自分で契約する手間も省けますし、保険料が安くなる可能性も高いのでメリットと言えるでしょう。

Hondaマンスリーオーナーはまだまだ対応店舗が少なく、2021年3月現在で全国31店舗のみとなっています。

手続き自体はオンラインで完結するので、利用したい方は近くに店舗があるか確認してみて下さい。

Hondaマンスリーオーナーの公式サイトはこちら

スポンサーリンク

大手で選ぶなら『もろコミカーコンリース』もおすすめ!

上記で紹介したカーリースやサブスクは対応地域が限られているため、エリア外で利用できないという方もいるでしょう。

そんな方におすすめなのが、全国展開しているカーコンビニ倶楽部のもろコミカーコンリースです。

もろコミカーコンリースは、国産の新車や中古車(外車含む)から選ぶことができるカーリースで、残価設定を0円にしているという特徴があります。

つまり、リース契約が終わればそのまま車を所有することができ、カーリースでありがちな返却時に残価との差額を精算するといったこともありません。

プランは7年と9年があり、契約終了2年前からは返却や乗り換えも可能です。

そんなもろコミカーコンリースは、無職や専業主婦、学生などでも申込みが可能となっていて、他社よりも比較的審査が緩いと言われています。

もちろん審査がないわけではないですし、自社ローンというわけでもないので落ちる場合もあると思いますが、一度試してみる価値はあるでしょう。

もろコミカーコンリースの公式サイトはこちら

スポンサーリンク

まとめ

カーリースを利用するにあたっては審査が必要になりますが、審査が不安な方に向けて自社リースをおこなっているところもあります。

自社リースは一般的な信販会社の審査よりは基準が甘くなっているので、審査に落ちてしまった方は自社リースの会社を選んでみると良いかもしれません。

また、カーリースと殆ど同じサービスともいえる車のサブスクには、審査不要で利用できるサービスもあります。

ただし、車のサブスクも色々あり、今回紹介した2社は長期利用や最終的に車を所有したい方には不向きといえるので、自分にあったサービスかどうか判断する必要があるでしょう。

車のサブスクサービスについては下記の記事で特徴や内容を比較していますので、興味のある方は参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました