トヨタのKINTO(キント)は高すぎる?仕組みやデメリットについて徹底解説!

車の購入

KINTO(キント)は頭金や初期費用無しでも新車に乗ることができる車サブスクで、対象車種はトヨタ車だけでなくレクサス車も対象となっています。

最近ではカーリースも人気がでてきているため、KINTOも注目されていましたが、口コミでは高すぎるという声も多いようで、利用しようか躊躇している人も多いでしょう。

そこで今回は、KINTOが本当に高いのか調査し、他社と比較してみました。KINTOの仕組みやデメリットについても紹介するので参考してください。

スポンサーリンク
『え、買うより安くない?』車のプロも驚くカーリース!

カーリースは高いイメージがありますよね?
私もそうでした・・・このカーリースを知るまでは。
これなら新車を3年毎に乗り換える生活も夢ではありません!
車のプロも利用したいと思えるカーリース。その仕組みやメリット、デメリットを解説します。

KINTOの仕組み

KINTOは車のサブスクともいわれるように、月々定額で新車に乗れるサービスです。

KINTOの月額料金には、以下の内容が含まれています。

  • 車両代(利用後の残価を差し引いた分のみ)
  • オプション料金
  • 登録諸費用
  • 自動車税
  • 車検・メンテナンス費用
  • 任意保険料(車両保険付き)

つまり、車の維持費は月額料金に殆ど含まれているということ。その他にかかる維持費といえばガソリン代や駐車場代くらいです。

KINTOの契約年数は3年・5年・7年の3つから選ぶことができ、ボーナス併用払いを利用してさらに月額料金を下げることもできます。(レクサス車やモリゾウセレクションは3年のみ)

契約満了後は新しい車に乗り換えも可能ですが、車両の返却は必須となるため、買い取りや再リースをして同じ車に乗り続けることはできません。

KINTOの公式サイトはこちら

スポンサーリンク

KINTOのメリット・デメリット

KINTOの料金が高すぎるかどうかを知るためには、KINTOの特徴やメリット、デメリットをしらなければ判断はできません。

KINTOのメリットとデメリットを簡単に解説します。

 

KINTOのメリット①ディーラーによる点検整備が受けられて安心

KINTOは納車後1ヶ月、6ヶ月という新車点検はもちろん、その後も6ヶ月おきにディーラーで点検、整備が受けられます。

車検費用はもちろん、オイルやバッテリー、ブレーキパッドといった消耗品の交換費用は全て月額料金に含まれているので、車のメンテナンスは全てお任せできるということ。

さらに、2020年5月25日以降はタイヤ交換も月額料金に含まれるようになり、高額な部品交換や修理代がかかる心配は殆どありません。(レクサス車は対象外)

 

KINTOのメリット②任意保険もコミコミで誰でも同じ料金

KINTOは一般的なカーリースと違って任意保険料も月額料金に含まれます。通常は自分で保険の加入手続きをしなければいけませんが、KINTOならそれも不要です。

もちろん保険は対人、対物は無制限、人身傷害も5,000万円までと充実した補償内容。車両保険もついていて、全損時や盗難されてしまった場合も保証されます。

また、KINTOは任意保険付きでも年齢などによって料金が変わることがありません。

万が一事故をおきて保険を使用した場合も料金は変わらないので、安心して利用することができます。

 

KINTOのデメリット①任意保険の等級が上がらない、引継ぎできない

KINTOは任意保険がコミコミなので、自分で契約する必要がありません。

しかし、これは新規の人にはメリットかもしれませんが、既に保険の等級が上がっている人にとってはせっかく上がった等級が引き継げないため、大きなデメリットとなります。

また、保険に自分で加入するわけではないので、長期間利用しても任意保険の等級が上がることはありません。

今後もKINTOを利用する場合は良いですが、保険付きのサブスクやカーリースはまだまだ少ないので注意が必要です。

ただし、ある程度年齢が上がれば年齢制限をかけることで保険料は安くできるため、そこまで気にする必要はないかもしれません。

 

KINTOのデメリット②選べるグレード、オプションが限定される

KINTOはサービス開始当初と比べて取り扱い車種が増えているため、現在販売されているトヨタ車やレクサス車なら殆どの車種が選べます。

しかし、グレードについては全ての中から選べるわけではなく、売れ筋のグレードに限定されてしまうというのがKINTOのデメリットです。

また、オプションについても人気のオプションがパッケージ化されていて、その中から選ぶ形になります。

ナビやETC、ドライブレコーダーといった基本的なオプションは選べますが、こだわりがある人やどうしてもつけたいオプションがある人は注意が必要です。

スポンサーリンク

KINTO(キント)の料金は高すぎる?実際はどうなの?

KINTOは高すぎるという口コミなどをたまに見ますが、実際はどうなのでしょうか?

結論から言えば、KINTOは他社のカーリースと比較して料金が高すぎるということはありませんし、ローンで購入する場合と比較しても月額料金は安い場合が多いです。

KINTOのメリットを最大限生かせる条件を満たした人であれば、他社のカーリースよりお得な料金で利用できるでしょう。

しかし、KINTOは全ての人におすすめのサービスというわけではないため、KINTOに不向きな人からみると料金が高いと思うのは間違いではありません。

特に金銭面からみると、1台の車を長く乗り続けたい人は購入したほうが結果的に支払う総額は安く済むため、KINTOが高すぎるという意見も当然です。

クルマに対する価値観や利用方法は人によって違うので、KINTOが自分に合ったサービスかどうかは見極めて利用する必要があります。

 

実際に他社のカーリースとKINTOの料金を比較してみると・・・

KINTOが高すぎるわけではないことを証明するために、他社のカーリースと料金を比較してみました。

今回比較する条件は、トヨタ車のヤリスクロス(グレードZ、ハイブリッド1.5L 2WD)をオプションなしで5年契約した場合です。

人気カーリースの月額料金を比較すると、以下のようになります。

  • KINTO・・・47,850円
  • オリックスカーリース・・・51,370円
  • コスモMYカーリース・・・58,850円
  • 定額カルモくん・・・52,080円
  • リースナブル・・・32,450円(メンテなし)

※各社の料金は、可能な限りKINTOの内容に限り合わせてメンテナンスプランや走行距離を選択していますが、全く同じではありません。
※オリックスは車検とオイル交換のみ無料、リースナブルにメンテナンスプランはありません。

ちなみに、KINTO以外は任意保険料が別途かかるので、さらに月額料金は上がります。各社の料金を見てもわかるように、KINTOは他社より高すぎるどころか安いくらいです。

リースナブルだけはKINTOより安い料金となっていますが、メンテナンス費用が含まれない点や、走行距離制限が月間750km(編集部調べ)と少ない点には注意してください。

KINTOの走行距離制限は月間1,500kmなので、2倍の距離を走ることができます。メンテナンス費用や別途発生する任意保険料を考えると、おそらく料金の差は殆どないでしょう。

また、KINTOの料金は頭金なしのローン購入時と比較しても月々の支払い金額は安いです。

もしKINTOの最長契約年数である7年以内に車を乗り替える予定の場合、ローンで購入するよりKINTOを利用するほうがお得になる可能性はあります。

ローンとの比較について詳しく知りたい場合は下記の記事も参考にしてください。

KINTOの公式サイトはこちら

スポンサーリンク

KINTOの利用料金が高い、割高に感じてしまう人

KINTOは任意保険料込みで誰でも同じ料金というのが最大の特徴ですが、逆にこれが原因で割高に感じてしまう人もいます。

例えば、

  • 年齢制限をかけて保険料を安くできる人
  • 既に等級が高く大きな割引を受けられる人
  • 新規契約でも家族から高い等級を引き継いだ人

このような人は自分で任意保険を契約しても保険料が安いので、KINTOが高いと感じてしまうのも仕方がないかもしれません。

また、KINTOの走行距離制限は1,500km/月ですが、あまり距離を乗らない人にとっては先ほど比較したリースナブルのようなカーリースのほうが安く利用できます。

KINTOの場合、月間1,500kmを超えた分については契約満了時に1km11円(税込)の追加料金が発生するため、大幅にオーバーしてしまう人は走行距離制限のないカーリースがおすすめです。

 

KINTOは1台の車を長く乗り続けたい、所有したい人には不向き

KINTOは最長でも7年契約となり、契約満了後は必ず車を返却しなければなりません。

ですから、1台の車を大切に長く乗りたい人や、所有することに価値を感じる人にはKINTOは不向きです。

カーリースには最終的に車が貰えるプランも増えているので、そういったプランのあるサービスを利用するか、初めから購入することをおすすめします。

ちなみに、コスパの良さを考えるなら、長期間乗り続ける場合は購入が最もおすすめです。

長く乗るほどメンテナンス費用は高くなる傾向にありますが、車両代金さえ払い終わればあとは維持費だけなので、その後の支払いはカーリースより安くなります。

コスパを考える場合、月々の支払いをなるべく抑えたい、車の維持費を定額にしたい、などの理由がなければ、長期契約のカーリースは基本的におすすめしません。

詳しくは下記の記事で解説しているので参考にして下さい。

スポンサーリンク

KINTOの利用中にぶつけたり事故をおこしたらどうなる?

KINTOのようなカーリースは、購入するときと違って最後には車を返却するので、やっぱり気になるのが利用中の事故などについてだと思います。

KINTOは車両保険つきの任意保険が料金に含まれているため、車をぶつけたり事故などによる損傷も保険を使用して修理可能です。

相手のいない自損事故や単独事故の場合でもしっかり保証されるので、そのあたりは安心してください。

また、通常は保険を使用すると翌年の等級が下がり、保険料が高くなりますが、KINTOは保険を使用しても月額料金は変わりません。

ただし、KINTOの保険は免責5万円の保険になるため、自己負担が最大5万円発生します。

つまり、どんな事故でも5万円以下なら実費、それ以上の修理費用は保険での修理になるということ。

例外として、全損事故や盗難の場合は自己負担なしで損害金を全額カバーできます。全損事故や盗難の場合、KINTOの契約は強制的に解約となりますが、解約の手数料も不要です。

その他、KINTOの保険や事故に関する疑問は公式サイトのよくある質問ページに詳しく記載されてますので、気になる人はそちらを参考にしてください。

スポンサーリンク

まとめ

KINTOは高すぎるという口コミをみかけますが、仕組みを理解して他社と比較していれば、高いどころか安いことがわかると思います。

もし、KINTOが利用可能な7年以内で乗り換えを考えているのであれば、購入するよりもお得に利用できる可能性はあるため、検討する価値は十分あるでしょう。

とはいえ、車を所有することに価値を感じる人にとっては、自分のものにならないのに毎月数万円払うことになりますから、高すぎると感じてしまうのは当然です。

1台の車をできるだけ長く乗りたい人や、乗りつぶすまで乗るつもりであれば、カーリースよりも購入したほうが基本的に支払い総額は安くなります。

つまり、それぞれ利用する環境や価値観が違うため、どちらが良いかは人によって違うということ。

自分にはどちらが合っているのかよく考え、後で後悔しないためにも仕組みをよく理解してから利用してください。

また、KINTOのようなカーリースは他にも色々あります。短期向けのカーリースや、中古車も扱うカーリースなどもあるので、KINTOが誰にでもおすすめというわけではありません。

カーリースの利用を検討しているのであれば、是非下記の記事も参考にしてさいね。

タイトルとURLをコピーしました